【恭子の動画映像ブログ】 2013年6月11日(火)公開予定
最新映画のネタバレ/あらすじ・ストーリー・結末のネタバレ・完全ネタバレ
※この欄のイラストは「NOM's FOODS iLLUSTRATED」さまより使用許諾を得ています。(c)映画の森てんこ森/F・恭子
更新版
F・恭子のブロードバンドブログnew エンド・オブ・ホワイトハウスのネタバレ

映画『 エンド・オブ・ホワイトハウス 』の解説
※クリックでYouTube『エンド・オブ・ホワイトハウス (2013) OLYMPUS HAS FALLEN』予告編へ
映画『 エンド・オブ・ホワイトハウス 』の予告編
※動画はOlympusHasFallenへリンクで掲載
(C)2013 Olympus Productions, Inc

| 「目次」Topページ | 本ページ更新 | 本ページ最終更新 |
エンド・オブ・ホワイトハウス/映画『 エンド・オブ・ホワイトハウス OLYMPUS HAS FALLEN 』あらすじ・ストーリーのネタバレ/結末まで完全ネタバレ  by ネタバレンタイン犬@映画の森てんこ森エンド・オブ・ホワイトハウスのネタバレ
エンド・オブ・ホワイトハウスのネタバレ
 今日のタイトルは「エンド・オブ・ホワイトハウスのネタバレ」です。
 そしてYouTube動画映像版は映画『エンド・オブ・ホワイトハウス』の予告編です。
 映画『 エンド・オブ・ホワイトハウス (2013) OLYMPUS HAS FALLEN 』の映画解説はこちらから。
 このページは、幸田幸@映画の森てんこ森が、日本公開前の映画を海外の劇場やDVDで鑑賞して作文したり、『 エンド・オブ・ホワイトハウス (2013) OLYMPUS HAS FALLEN 』のWikipedia英語版プロットや、海外映画情報(あらすじ・ストーリー・ネタバレ等)を大雑把に日本語訳して編集、纏めたものです。

映画『エンド・オブ・ホワイトハウス』の劇場公開
 2013年6月8日(土)より、新宿ピカデリー 他全国ロードショー!!

ネタバレご注意:あらすじ・ストーリー・結末まで、ネタバレ満開ですので、映画『 エンド・オブ・ホワイトハウス (2013) OLYMPUS HAS FALLEN 』をまだご覧になっていない方はネタバレにご注意ください。
 Warning!The items below here contain information that may give away important plot points. You may not want to read any further if you've not already seen this title.

★製作陣スタッフや登場人物キャスト、映画解説やポスター等の情報は以下を参照してください。

【エンド・オブ・ホワイトハウス/あらすじ結末までネタバレ満開 第01段落】
 メリーランド州にあるアメリカ合衆国大統領の別荘・静養地キャンプ・デービッド<正式名称は海軍サーモント支援施設 Naval Support Facility Thurmont >では、大統領付きトップシークレットサービス、マイク・バニング(ジェラルド・バトラー)が大統領一家とクリスマスプレゼントの箱詰めをしている。

【エンド・オブ・ホワイトハウス/あらすじ結末までネタバレ満開 第02段落】
 ベンジャミン・アッシャー大統領(アーロン・エッカート)とファーストレディ、マーガレット・アッシャー大統領夫人(アシュレイ・ジャッド)、それに12歳位の息子コナー・アッシャー(フィンリー・ジェイコブセン)とはマイク・バニングがSP以上に親しく信頼関係にあるのが見て取れる。

【エンド・オブ・ホワイトハウス/あらすじ結末までネタバレ満開 第03段落】
 吹雪の中、選挙資金調達関係の用事でキャンプ・デービッドから外出する大統領夫妻のリムジンに、SPマイク・バニングたちが付き添う。大統領夫妻が車内でプレゼントを和気藹々と交換していると、大枝が倒れてきて先導車を直撃。先導車は冷たい川に転落した。

【エンド・オブ・ホワイトハウス/あらすじ結末までネタバレ満開 第04段落】
 護衛の車列は凍った路上で橋の側面に激突し、大統領夫妻の車は橋の欄干に半分が何とか乗り出た状態で止まった。バランスを崩せば車ごと川に落下するが瞬時の判断で、マイク・バニングは大統領を優先で救助する。すると車はファーストレディを乗せたまま転落していった。

【エンド・オブ・ホワイトハウス/あらすじ結末までネタバレ満開 第05段落】
 大統領夫人マーガレットを亡くし、夫アッシャー大統領も息子コナーも悲嘆に暮れる。大統領付きのトップシークレットサービスである筈のマイク・バニングも職務を全うできなかった想いで打ちひしがれている。それ以来、大統領付きの任務は解かれた。

【エンド・オブ・ホワイトハウス/あらすじ結末までネタバレ満開 第06段落】
 18ヶ月後、ホワイトハウスの見える財務省でマイク・バニングは事務職をしている。ある朝、目覚めてニュースを聞くと、北朝鮮と韓国の緊迫した状況が報道されている。そっちに気を取られ、妻リア・バニング(ラダ・ミッチェル)がバーベキューの話をしているのも無視して仕事へ出かける。あれ以来、看護師をしている妻リアとも上手くいっていない。

【エンド・オブ・ホワイトハウス/あらすじ結末までネタバレ満開 第07段落】
 バニングはシークレットサービス長官リン・ジェイコブス(アンジェラ・バセット)と会うと、長官はバニングが大統領夫人を救えなかったあの夜の出来事をまだ引きずっているのを知っていて、やるべき事はやったのだ、大統領だって分かってくれている、と慰める。

【エンド・オブ・ホワイトハウス/あらすじ結末までネタバレ満開 第08段落】
 アッシャー大統領は息子コナーといる。休暇はキャンプ・デービッドに戻ることになっているのだが、コナーとしたらビーチがいい。アイスクリームを上げようと言っていると、緊急の呼び出しがある。

【エンド・オブ・ホワイトハウス/あらすじ結末までネタバレ満開 第09段落】
 アッシャー大統領はルース・マクミラン国防長官(メリッサ・レオ)、アラン・トランブル下院議長(モーガン・フリーマン)、チャーリー・ロドリゲス副大統領(フィル・オースティン)と会う。韓国大統領との間近に迫った会議に関しての件だ。

【エンド・オブ・ホワイトハウス/あらすじ結末までネタバレ満開 第10段落】
 イ・テウ韓国大統領(ケオン・シム)と側近のカン・ヨンサク(リック・ユーン)らの一行がホワイトハウスに到着。そんな頃、ウェストバージニア州上空に正体不明のジェット機が出現し、アメリカのジェット機二機を撃墜する事件が起こる。アッシャー大統領はイ・テウ韓国大統領らと緊急避難させられる。

【エンド・オブ・ホワイトハウス/あらすじ結末までネタバレ満開 第11段落】
 アッシャー大統領は息子コナーを探すが、どこにもいない。そんな緊迫時、敵機は民間人をも撃ち殺し始め、ワシントンDCに近付いてくる。ホワイトハウスは窮地に陥る。その混乱を財務省にいるマイク・バニングが目撃し、いても立ってもいられずホワイトハウスの方に駆けていく。もうシークレットサービスではないのだが。

【エンド・オブ・ホワイトハウス/あらすじ結末までネタバレ満開 第12段落】
 軍隊は敵機を撃ち落そうと試み、ミサイルまで投入されて首都は修羅場になる。ワシントン記念塔<巨大な白色のオベリスク>のてっぺんも崩壊されて観光客まで巻き添えに。路上では、無差別射撃されて逃げ惑う人々をバニングは護り、テロリストの動向に目を向けアクションを起こす。

【エンド・オブ・ホワイトハウス/あらすじ結末までネタバレ満開 第13段落】
 アッシャー大統領、マクミラン国防長官、ロドリゲス副大統領は掩蔽壕へ避難させられ、一方、バニングがホワイトハウスに近付くと自爆テロで正面のゲートが爆破され、テロリストたちは突入していく。ホワイトハウスの美しい庭も撃ち合いの場と化し、シークレットサービスの大勢が犠牲となる。

【エンド・オブ・ホワイトハウス/あらすじ結末までネタバレ満開 第14段落】
 シークレットサービス長官ジェイコブスはペンタゴン<国防総省>でエドワード・クレッグ将軍(ロバート・フォスター)らと会合し、現況を説明する。アッシャー大統領らは掩蔽壕に避難済みだということも。

【エンド・オブ・ホワイトハウス/あらすじ結末までネタバレ満開 第15段落】
 しかし、イ・テウ韓国大統領の側近の筈のカン・ヨンサクは、大統領警備責任者どころか、実はテロリスト集団を指揮するリーダー、最凶のテロリストだったのだ。このテロは、北朝鮮の工作員カン・ヨンサクが首謀者なのである。

【エンド・オブ・ホワイトハウス/あらすじ結末までネタバレ満開 第16段落】
 だから、掩蔽壕にいるアッシャー大統領や韓国大統領らは拉致されて人質となったということだ。そこには、米国の元シークレットサービス、デイヴ・フォーブス(ディラン・マクダーモット)が韓国側の要人警備として今は韓国大統領の傍にいる。

【エンド・オブ・ホワイトハウス/あらすじ結末までネタバレ満開 第17段落】
 外界では無数のテロリストたちとSPらは戦い、惨殺されていく。ローマ捜査官(コール・ハウザー)は、原題の“Olympus has fallen”(オリンパスは陥落した)" と叫び、「ホワイトハウスは占拠された」ことを宣言してから殺害される。「オリンパス(オリンポス)」というのはシークレットサービスの暗号でホワイトハウスを指す。

【エンド・オブ・ホワイトハウス/あらすじ結末までネタバレ満開 第18段落】
 トランブル下院議長はペンタゴンに来て、憲法に従い大統領代理に任命される。大統領とも信頼関係の深いトランブル下院議長は、ホワイトハウス奪還作戦の指揮を執ることになった。

【エンド・オブ・ホワイトハウス/あらすじ結末までネタバレ満開 第19段落】
 カン・ヨンサクはペンタゴンに侵入し、皆の目前でイ・テウ韓国大統領を殺害する。カン・ヨンサクの要求は、米国海軍第7艦隊を韓国から即座に撤退させること。韓国と北朝鮮の統一を実現させるためだ。

【エンド・オブ・ホワイトハウス/あらすじ結末までネタバレ満開 第20段落】
 掩蔽壕で、カンはアメリカへの復讐心の思いの丈をぶちまける。母親はアメリカ軍の仕掛けた地雷で殺され、父親は北朝鮮に対する罪で処刑された。だから報復として、米国のミサイル格納庫にある核兵器を全て破壊し、アメリカ合衆国を放射線を照射された不毛の地にしてしまえ、と。

【エンド・オブ・ホワイトハウス/あらすじ結末までネタバレ満開 第21段落】
 これを遂行するためには、ケルベロス<ギリシャ・ローマ神話で頭が3つで尾が蛇の地獄の番犬のこと>というアクセスコードを知る必要がある。どんな米国の核ミサイルも自爆させる安全装置で、掩蔽壕の中にあるシステムだ。

【エンド・オブ・ホワイトハウス/あらすじ結末までネタバレ満開 第22段落】
 それを知るのは、掩蔽壕の中にいる三名のみ。アッシャー大統領と政権の最高実力者あと二人だ。大統領は絶対に吐かないつもりだが、二人には、命を守るためには明かしても仕方ないと伝える。

【エンド・オブ・ホワイトハウス/あらすじ結末までネタバレ満開 第23段落】
 カンはネイサン・ホウニグ提督(ジェームズ・インガソール)にアクセスコードを吐かせようとする。提督の喉を掻き切ろうとするので、アッシャー大統領は言っていいと横から救う。こうしてアクセスコード“ケルベロス”が作動されたことはペンタゴンでも知ることとなった。

【エンド・オブ・ホワイトハウス/あらすじ結末までネタバレ満開 第24段落】
 バニングは殺した敵の首にあったタトゥーから、ケルベロスのコードが分かる。これはそのままにしておけば、テロリストたちが米国の全核兵器を作動できなくさせてしまうのだ。

【エンド・オブ・ホワイトハウス/あらすじ結末までネタバレ満開 第25段落】
 バニングはまた、大統領の息子コナーをテロリストが探していることを突き止め、自分でも探し続けていると、危機一髪のところで救出に成功。お父さんはきっと大丈夫だから、と励まして、換気用シャフトから無事に脱出させてあげられた。その後、バニングは敵を尋問するが、嘲笑されたので喉を刺して口を割らせる。

【エンド・オブ・ホワイトハウス/あらすじ結末までネタバレ満開 第26段落】
 そしてシークレットサービス長官ジェイコブスにテロ首謀者カンの名前を伝え、カンに関する情報を得させる。一方、そのカンはバニングの存在をフォーブスから聞いた。元大統領付きのトップシークレットサービスなのに今はデスクワーク。それが、敵の手に落ちたホワイトハウスに独りで乗り込んで頑張っている、と。
 
【エンド・オブ・ホワイトハウス/あらすじ結末までネタバレ満開 第27段落】
 フォーブスはバニングを殺すように送られ、ばったりとバニングと出会う。バニングは昔のSP仲間のフォーブスが欺いているとは知らないのだが、フォーブスがうっかりと口を滑らしてカンの名を発した。これでバニングは気付き、二人は戦うことになった。

【エンド・オブ・ホワイトハウス/あらすじ結末までネタバレ満開 第28段落】
 フォーブスがバニングを刺そうとするが、バニングはナイフを取り上げて逆に彼を刺す。フォーブスは息絶え絶えに、こんなことをしたのは息子を失ったからだと暴露した。カンにマイク・バニングを仕留めたと伝えさせると、バニングはフォーブスの喉に止めを刺した。

【エンド・オブ・ホワイトハウス/あらすじ結末までネタバレ満開 第29段落】
 カンはマクミラン国防長官からも別のアクセスコードを聞き出そうとするが、国防長官は激しく抵抗する。ひどく暴行しても言わないので正に殺されそうになったので、アッシャー大統領は教えてよいと許可した。二つ目のケルベロスのコードが作動され、それもペンタゴンは知る。

【エンド・オブ・ホワイトハウス/あらすじ結末までネタバレ満開 第30段落】
 バニングはカンのセキュリティーに繋がり、カンを苛立たせる。大統領の息子コナーは無事だと教え、お前の頭にナイフを突き刺すぞと言うのだ。それをアッシャー大統領は聞いている。

【エンド・オブ・ホワイトハウス/あらすじ結末までネタバレ満開 第31段落】
 トランブル下院議長つまり大統領代理の命令で、軍の飛行機は報復でワシントンDCに飛行し始めた。バニングはクレッグ将軍に、テロリストは米軍の持つ兵器よりも強力なヒドラ・シックスを持っていることを伝え、このミッションを中止するようトランブル大統領代理とクレッグ将軍に進言する。

【エンド・オブ・ホワイトハウス/あらすじ結末までネタバレ満開 第32段落】
 それにも拘わらず軍隊はワシントンDCにどんどん入ってくる。カンの部下の女性リム(マラナ・リー)はその襲撃を全滅させてしまった。テロリストは軍のヘリコプターを撃墜して、ホワイトハウスは直撃されたので大爆発が起き、損害は図りきれない。

【エンド・オブ・ホワイトハウス/あらすじ結末までネタバレ満開 第33段落】
 結局、バニングの進言は聞き入れられなかった。クレッグ将軍は元・失敗したSPであるバニングの実力を信用していないのだ。カンは米国側の企てに激怒してロドリゲス副大統領の殺害を実行し、脱出用にヘリコプターを夜明けまでに用意することを要求する。

【エンド・オブ・ホワイトハウス/あらすじ結末までネタバレ満開 第34段落】
 カンは今度はマクミラン国防長官を外に引っ張り出していく。メディアの目前で、ニュースが全世界に伝わっていくように、国防長官を処刑しようとするカン。そこにバニングが先に引き金を引き、国防長官は無事に保護された。

【エンド・オブ・ホワイトハウス/あらすじ結末までネタバレ満開 第35段落】
 カンは掩蔽壕に戻って人質をとる。アッシャー大統領も、テロリストたちも、頭部に袋を被らされて、用意されたヘリコプターに乗り込む。軍隊は射撃の態勢になっているのだが、大統領に当たったらいけないのでそれもできない。

【エンド・オブ・ホワイトハウス/あらすじ結末までネタバレ満開 第36段落】
 ヘリコプターが離陸すると空中爆発したのだ。ペンタゴンは最悪を恐れてパニックに陥る。アッシャー大統領はじめ全員、爆死したのだと。しかし、それは陽動作戦だった。アッシャー大統領は依然として掩蔽壕に拉致されている。それに、テロ首謀者カンも自爆死なんてしていない。

【エンド・オブ・ホワイトハウス/あらすじ結末までネタバレ満開 第37段落】
 目的は、最終的アクセスコードを大統領から聞き出すことだ。カンの真の計画はこうだ。アメリカ合衆国を完全に消してしまうために核兵器の全てを爆発させるという計画なのである。

【エンド・オブ・ホワイトハウス/あらすじ結末までネタバレ満開 第38段落】
 バニングはクレッグ将軍に退くように言われるが、トランブル大統領代理に背中を押される。そして掩蔽壕まで降りていき、テロリストたちと遭遇して撃ち合って、アッシャー大統領も格闘に加わる。カンとバニングは一対一の格闘になり、当初はカンが勝っていたが、バニングは遂にカンの頭をナイフで突き刺して殺す。

【エンド・オブ・ホワイトハウス/あらすじ結末までネタバレ満開 第39段落】
 ペンタゴンに、アッシャー大統領が無事なことを急いで知らせるバニング。しかし、それで済ではない。核爆発を止めなければならないのだ。シークレットサービス長官ジェイコブス、トランブル大統領代理、クレッグ将軍は、ケルベロスの非活動化コードを急いで知らせる。まさに間一髪だった。

【エンド・オブ・ホワイトハウス/あらすじ結末までネタバレ満開 第40段落】
 こうして核爆発の恐怖からもテロの恐怖からも解放され、独り頑張ったマイク・バニングはアッシャー大統領を連れて外界に出た。大統領は息子コナーと、そしてバニングは妻リアと、無事な再会を喜び合う。

【エンド・オブ・ホワイトハウス/あらすじ結末までネタバレ満開 第41段落】
 この事件の後、ワシントンDCは復興し始める。そしてマイク・バニングは大統領付きのトップシークレットサービスに返り咲いた。心が通わなくなっていた妻リアとも、夫婦仲は回復する。因みに、妻リアは夫の頑張っているのと並行して、看護師として負傷者の手当てをして貢献していた。

【エンド・オブ・ホワイトハウス/あらすじ結末までネタバレ満開 第42段落】
 ベンジャミン・アッシャー大統領は国民にスピーチする。テロの犠牲となった人達を思いやり、このテロ攻撃が恐怖から立ち上がる希望と自信をきっと国民に与えただろうと。そしてマイク・バニングに歩み寄って握手。マイク・バニングが名誉を挽回出来た瞬間だった。

以上。
※<エンド・オブ・ホワイトハウス>のテキストは、<『OLYMPUS HAS FALLEN』-Wikipedia英語版、『OLYMPUS HAS FALLEN』-IMDb、『OLYMPUS HAS FALLEN』関連サイト英語版の翻訳、映画『エンド・オブ・ホワイトハウス』-Wikipedia、『エンド・オブ・ホワイトハウス』EPK、公式サイト・関連サイト等を引用。
※本ファイル<エンド・オブ・ホワイトハウス>には間違いがある場合がありますので、お読みになる方は、どうかご了承くださいませ。

テキスト:幸田幸


 ■恭子の動画映像ブログ
 http://coda21.net/broadband/index.htm

注目の映画・DVD・映像動画はこちら・・・▼
 ★映画の森てんこ森 http://coda21.net/

 映画の森てんこ森のその他の映像・動画コンテンツを見る・・・>>
【B級グルメ@映画の森てんこ森】=YouTube動画サイト
 
 

| 「目次」Topページ | 本ページ更新 | 本ページ最終更新 |

更新ブログはここをクリック


映画解説・レヴュータイトル一覧表
映画の森てんこ森 バナー03

映画の森てんこ森 coda21幸田幸 クレジット バナー01


幸のイタリア旅行のHPへ幸田幸のイタリア旅行バナーボタン01クリックで「旅行の森てんこ森」のページに進む。
幸のイタリア旅行のHPへ

★テキスト中心対応(T)版 (28Kbps~56Kbps) ■800×600画面 ■文字サイズ(小) ■IE4以上推奨
★ブロードバンド対応(B)版 (ADSL以上) ■800×600画面 ■文字サイズ(小) ■IE6推奨

★ MacNN や WinNN では、動作や表示 がWindows IE と異なる場合があります。ご了承下さい。

※右欄のイラストは「NOM's FOODS iLLUSTRATED」さまへ使用許諾申請済
Images Courtesy of <http://homepage1.nifty.com/NOM/index.htm>

 
 
 
表紙目次読む映画試写会レヴュー観たい度映画予告編エッセイ日誌試写会情報
リンク集映画ゲーム思い出映画
| 映画レヴュー10000字超 | 映画解説タイトル一覧表 |
幸のカレンダーぼろくそパパの独り言 | livedoorブログ | 旅行の森てんこ森 |
ブロードバンドB版 | 恭子の動画映像ブログ | 恭子の「YouTube」 | サイト内検索 |
© 2002-2013 Sachi CODA at Eigano-Mori Tenko-Mori, CODA21. All Rights Reserved.