【恭子の動画映像ブログ】 2013年6月15日(土)公開予定
最新映画のネタバレ/あらすじ・ストーリー・結末のネタバレ・完全ネタバレ
※この欄のイラストは「NOM's FOODS iLLUSTRATED」さまより使用許諾を得ています。(c)映画の森てんこ森/F・恭子
更新版
F・恭子のブロードバンドブログnew 華麗なるギャツビーのネタバレ

映画『 華麗なるギャツビー 』の解説
※クリックでYouTube『華麗なるギャツビー (2013) THE GREAT GATSBY』予告編へ
映画『 華麗なるギャツビー 』の予告編
※動画はWarnerBrosPicturesへリンクで掲載
(C) 2012 THE GREAT GATSBY LLC. All rights reserved.

| 「目次」Topページ | 本ページ更新 | 本ページ最終更新 |
華麗なるギャツビー/映画『 華麗なるギャツビー THE GREAT GATSBY 』あらすじ・ストーリーのネタバレ/結末まで完全ネタバレ  by ネタバレンタイン犬@映画の森てんこ森華麗なるギャツビーのネタバレ
華麗なるギャツビーのネタバレ
 今日のタイトルは「華麗なるギャツビーのネタバレ」です。
 そしてYouTube動画映像版は映画『華麗なるギャツビー』の予告編です。
 映画『 華麗なるギャツビー (2013) THE GREAT GATSBY 』の映画解説はこちらから。
 このページは、幸田幸@映画の森てんこ森が、日本公開前の映画を海外の劇場やDVDで鑑賞して作文したり、『 華麗なるギャツビー (2013) THE GREAT GATSBY 』のWikipedia英語版プロットや、海外映画情報(あらすじ・ストーリー・ネタバレ等)を大雑把に日本語訳して編集、纏めたものです。

映画『華麗なるギャツビー』の劇場公開
 2013年6月14日(金)より、丸の内ピカデリー他、全国ロードショー、2D/3D同時公開!!

ネタバレご注意:あらすじ・ストーリー・結末まで、ネタバレ満開ですので、映画『 華麗なるギャツビー (2013) THE GREAT GATSBY 』をまだご覧になっていない方はネタバレにご注意ください。
 Warning!The items below here contain information that may give away important plot points. You may not want to read any further if you've not already seen this title.

★製作陣スタッフや登場人物キャスト、映画解説やポスター等の情報は以下を参照してください。
●華麗なるギャツビー@映画の森てんこ森
http://coda21.net/eiga3mai/2013/THE_GREAT_GATSBY.htm
◎livedoor版【『華麗なるギャツビー』スタッフフィルモ】
http://blog.livedoor.jp/borocso/archives/1862179.html
◎livedoor版【『華麗なるギャツビー』キャストフィルモ】
http://blog.livedoor.jp/borocso/archives/1862183.html
◎BK版【映画「華麗なるギャツビー」ポスター】
http://coda21.net/broadband/blog2013_06/130613.htm

【華麗なるギャツビー/あらすじ結末までネタバレ満開 第01段落】
 『華麗なるギャツビー』の始まりは、ニューヨーク郊外ロングアイランド、イースト・エッグの緑の灯火の点滅シーンから。ニック・キャラウェイ(トビー・マグワイア)は父親からいつも、人の長所を認めるように言い聞かされてきたと語る。

【華麗なるギャツビー/あらすじ結末までネタバレ満開 第02段落】
 ニック・キャラウェイはエール大学卒で第一次世界大戦の服役軍人だ。その為かアルコール中毒症になって、パーキンス・サナトリウムで精神科医に診てもらっている。このニック・キャラウェイが唯一長所を見られたのはギャツビーという人だと言い足す。

【華麗なるギャツビー/あらすじ結末までネタバレ満開 第03段落】
 ニック・キャラウェイは1922年の春に戻して語っていく。その頃、ウォール街は景気づき、米国は禁酒法時代だったので酒類密輸・密売・密造は隆盛を極めていた。ニックは米国の中西部から、ニューヨークのロングアイランドのウエスト・エッグのコッテージに移転して暮らし始める。

【華麗なるギャツビー/あらすじ結末までネタバレ満開 第04段落】
 ニックは本来は作家になりなかったのだが、ウォール街で債券仲買人の仕事を始めて野望を大いに抱いていた。このコッテージの隣がギャツビーという謎の億万長者の大豪邸だった。

【華麗なるギャツビー/あらすじ結末までネタバレ満開 第05段落】
 ニックはイースト・エッグまで車で湾を横切って、従兄妹のデイジー・ブキャナン(キャリー・マリガン)と名門の家柄の出の夫でニックのエール大学学友だったトム・ブキャナン(ジョエル・エドガートン)に会いに行く。デイジーはニックにジョーダン・ベイカー(エリザベス・デビッキ)を紹介する。

【華麗なるギャツビー/あらすじ結末までネタバレ満開 第06段落】
 ジョーダン・ベイカーは冷笑的な若いゴルファーで、デイジーがニックとつき合わせようと思っている女性だ。夕食をとりながら、トム・ブキャナンというのは大層傲慢で人種差別者だと分かってくる。そこへ電話。トムが浮気をしているのをジョーダンがニックに教える。

【華麗なるギャツビー/あらすじ結末までネタバレ満開 第07段落】
 後でニックが従兄妹のデイジーと歩くと、デイジーはこんなことをニックに語るのだ。私、この頃ひねくれたの、娘がいてよかったわ、娘が馬鹿になることを祈っていると。馬鹿になることほど女の子にとって幸せはないとデイジーは言うのだ。ニックが帰宅して桟橋を見ると、緑の灯火のほうを見ている男性がいる。それはギャツビーなのだとニックは思っている。

【華麗なるギャツビー/あらすじ結末までネタバレ満開 第08段落】
 パーキンス・サナトリウムで担当医ウォルター・パーキンス博士(ジャック・トンプソン)は体験を小説にしたらいいとニックに勧める。ニックは、ウェスト・エッグとニューヨークの中間にある灰の谷と呼ばれる場所のことを書き綴っていく。

【華麗なるギャツビー/あらすじ結末までネタバレ満開 第09段落】
 灰の谷にはジョージ・ウィルソン(ジェイソン・クラーク)が営む自動車整備工場があって、ニックとトム・ブキャナンはエール・クラブに向っていて、通学列車を降りてその工場に向う。トムはジョージ・ウィルソンと仕事を話をしている。

【華麗なるギャツビー/あらすじ結末までネタバレ満開 第10段落】
 そこへ、ジョージの妻マートル・ウィルソン(アイラ・フィッシャー)が階段を下りてきた。マートルはトム・ブキャナンの不倫相手、愛人なのである。マートルは妹がニューヨークにやって来るからあなたに紹介したいわとニックに話す。

【華麗なるギャツビー/あらすじ結末までネタバレ満開 第11段落】
 後日、トム・ブキャナンとマートル・ウィルソンが逢瀬に使用しているモーニングサイドハイツ・アパートの寝室。そこへマートル・ウィルソンの妹キャサリン(アデレイド・クレメンス)が友人のマッキー夫妻(エデン・フォーク、ケイト・マルヴァニー)と連れ立って入ってきた。

【華麗なるギャツビー/あらすじ結末までネタバレ満開 第12段落】
 彼らはパーティを始めて、ニックは滅多に飲まない酒を浴びる。暫くしてマートルが部屋から出てきて、トムの妻デイジーの名を大声で叫ぶので、トムは激怒して、そんな名は口に出すなとマートルの顔面をひどく殴る。

【華麗なるギャツビー/あらすじ結末までネタバレ満開 第13段落】
 ニックが気がつくと自宅だったが、どうやって戻ったのか記憶が無い。玄関には隣の大富豪ギャツビーからの招待状が届いていた。ニューヨークの富裕層の人々は皆、勝手にギャツビー邸に来てパーティ三昧をしているらしいので、直接、招待状を出すのはニックだけだと書いてある。

【華麗なるギャツビー/あらすじ結末までネタバレ満開 第14段落】
 ニューヨーク南東部の島ロングアイランドのウエスト・エッグの海辺にそそり立つ城のような豪邸、ギャツビー邸で開かれるパーティにニックは出かけていく。ここでは贅沢な煌びやかなパーティが毎週開かれて、金持ち連中の溜り場となっている。

【華麗なるギャツビー/あらすじ結末までネタバレ満開 第15段落】
 ニックはホストのギャツビーを探し回るが、どこにもいないし、客は数百人もいるというのに誰も見ていない。ニックはジョーダン・ベイカーに偶然会うと、ジョーダンもギャツビーを見つけるのに興味津々だ。噂では、ギャツビーはドイツのスパイだとか暗殺者だとか。

【華麗なるギャツビー/あらすじ結末までネタバレ満開 第16段落】
 やがてジェイ・ギャツビー(レオナルド・ディカプリオ)にニックは偶々会うことが出来た。若くてスリムなので、もっと年配で太っていると想像していたとニックはジョーダンに話す。するとギャツビーの召使から、ギャツビー氏が内々でジョーダンと会いたがっていると告げられる。

【華麗なるギャツビー/あらすじ結末までネタバレ満開 第17段落】
 少し経ってから、パーティもお開きになる頃、ジョーダンが出てきて、大変衝撃的なことを聞かされたとニックに伝える。ジョーダンはもっと話そうとしたが、気障りな金持ち男に連れ去られた。

【華麗なるギャツビー/あらすじ結末までネタバレ満開 第18段落】
 翌朝、ジェイ・ギャツビー自身がロールスロイスでニックの家に姿を現す。そして車に乗せて“真実”を語る。俺は裕福な名門の家の出で、一族は全員死亡、オックスフォード大学に通い(十代のジェイ・ギャツビー:カラン・マッコーリフ)、第一次世界大戦の勲章も数々ある、と。

【華麗なるギャツビー/あらすじ結末までネタバレ満開 第19段落】
 それからジェイ・ギャツビーは市街に出て事業のパートナーであるマイヤー・ウォルシャイム(アミターブ・バッチャン)にニックを出会わせる。彼らは床屋の下にあるバーに入るが、そこでは無許可で製造販売されたアルコールが売られている(もぐり酒場のボーイ長:ゴラン・D・クラウト)。
 
【華麗なるギャツビー/あらすじ結末までネタバレ満開 第20段落】
 マイヤー・ウォルシャイムは1919年のワールドシリーズで八百長をしたと噂されている男。ジェイ・ギャツビーは酒の密売事業にニックも誘いたいのだ。トム・ブキャナンが姿を現すが、その時点でジェイ・ギャツビーは消えていた。

【華麗なるギャツビー/あらすじ結末までネタバレ満開 第21段落】
 ジョーダンとニックが昼食を共にすると、ジョーダンは先日のギャツビーとの話の内容を伝える。ジョーダンによると、ギャツビーとデイジーは五年前の1917年、ケンタッキー最大の都市ルイビルに暮らしていて恋人同士だった。ギャツビーが戦地に赴くと、デイジーは彼を待った。

【華麗なるギャツビー/あらすじ結末までネタバレ満開 第22段落】
 しかしデイジーは上流階級のトムと出会って結婚することになる。結婚式の前にギャツビーから便りが届いたので彼女はびびったけれど、結局トムと結婚したのだ。それ以来もギャツビーはデイジーへの想いが捨てきれず、ずっと愛し続けている。

【華麗なるギャツビー/あらすじ結末までネタバレ満開 第23段落】
 だからこそ、イースト・エッグのデイジーとトムの家から湾をはさんだウエスト・エッグの豪邸をギャツビーは購入し、初恋の人デイジーに再び会いたいと思っているのだ。桟橋で緑の灯火のほうを見つめているのは、デイジーの家を見ているのだった。

【華麗なるギャツビー/あらすじ結末までネタバレ満開 第24段落】
 ギャツビーがニックにデイジーをお茶に誘って欲しいと望んでいることをジョーダンはニックに教える。それで、ニックはその夜ギャツビーに近付き、引き受けましたよと伝える。

【華麗なるギャツビー/あらすじ結末までネタバレ満開 第25段落】
 ティータイムの場は、ギャツビーの豪邸に代わって隣の狭いニックの家になる。翌朝、その準備にニック宅の芝生や家を綺麗にする人達。しかしギャツビーはドキドキしてきて危うく帰りそうになるくらい。そこにデイジーが到着し、従兄弟のニックは家に入れる。ギャツビーは逃げてしまっていた!

【華麗なるギャツビー/あらすじ結末までネタバレ満開 第26段落】
 デイジーは居間に飾られた美しい花にびっくりし、そこにドアにノックが。外は雨なのでずぶ濡れになったギャツビーだった。デイジーとギャツビーはお互いに再会を喜び合う。しかしその空気はぎこちないので、ニックは外出して二人だけにしてあげる。

【華麗なるギャツビー/あらすじ結末までネタバレ満開 第27段落】
 ニックが戻ると、ギャツビーは自宅にデイジーやニックを連れて行くことにする。ビーチでも楽しく過ごす。そして家に戻ると、ギャツビーは持っている様々なシャツをデイジーに見せ、デイジーはワクワクしながらも泣いてしまう。五年ぶりなのだから仕方ないとニックは分かっているが、デイジーには認められない。

【華麗なるギャツビー/あらすじ結末までネタバレ満開 第28段落】
 ニックはギャツビーの本当の姿を語る。ギャツビーの本名はジェイムズ・ギャッツ(幼いジェイムズ・ギャッツ:タスマン・パラッツィ)といい、ノースダコタ州の貧困農家の出だ。ある時、ダン・コーディ(スティーヴ・ビズレー)という人のヨットが嵐に遭っているのを救助した。

【華麗なるギャツビー/あらすじ結末までネタバレ満開 第29段落】
 ダン・コーディは "old sport"「君!」という呼び方をよくしたので、ギャツビーもそれが癖になった。ダン・コーディの死後、遺族がいるのでギャツビーは敢えて遺産を受け取らず、独力で富を築いていった。

【華麗なるギャツビー/あらすじ結末までネタバレ満開 第30段落】
 ギャツビーの次のパーティにはデイジーとトムの夫妻も参加する。ギャツビーとデイジーはそこから少し離れた場所に隠れて情熱的なキスを交わす。デイジーは一緒に逃げられたらいいのにと言う。そこにギャツビーの執事(コナー・フォガティ)から事業の件で呼ばれてしまった。

【華麗なるギャツビー/あらすじ結末までネタバレ満開 第31段落】
 パーティが終わると、デイジーは楽しくなかったのだとギャツビーは思い込んでいる様子。そしてニックにこう頼むのだ。デイジーに夫トムを愛してはいないと言わせて、ルイビルに戻って結婚しようと。

【華麗なるギャツビー/あらすじ結末までネタバレ満開 第32段落】
 ニックは過去は繰り返すことはできないとギャツビーに言い聞かせるが、ギャツビーは反論。デイジーとのファーストキスも覚えているし、もう結婚している気なのだとも言う。それから暫く、ギャツビー邸でのパーティはなくなった。

【華麗なるギャツビー/あらすじ結末までネタバレ満開 第33段落】
 夏の一番暑い日、ニック、デイジー、トム、ジョーダンをギャツビーは昼食に招待した。ギャツビーがデイジーの手を握ろうとすると彼女はパニックを起こして、退屈だから街に繰り出そうと言い張る。夫トムは妻デイジーとギャツビーに何かあると気付いて、それに同意する。

【華麗なるギャツビー/あらすじ結末までネタバレ満開 第34段落】
 ギャツビーとデイジーが一台の車で、トムの車にはニックとジョーダンが。ウィルソンズガレージでガソリンを入れると、マートルの不貞を知るけれど、トムと寝ていることには気付かない。

【華麗なるギャツビー/あらすじ結末までネタバレ満開 第35段落】
 一行はプラザホテルのスイートルームで合流し、雲行きが怪しくなる。トムがギャツビーをじわじわと敵視し始め、ギャツビーの口癖 "old sport"「君!」を馬鹿にして真似る。オックスフォード卒という嘘を非難したりマイヤー・ウォルシャイムとの酒の密売を糾弾したりするのだ。

【華麗なるギャツビー/あらすじ結末までネタバレ満開 第36段落】
 対抗してギャツビーは、デイジーが愛しているのはお前ではなくて俺だ、とトムに食って掛かるものだから、デイジーは居所を失う。それでもトムの扇動は続き、ギャツビーは酒を投げつけるはトムに罵声を上げて殴りそうになるは大変な事態に。この日はニックの誕生日だった。

【華麗なるギャツビー/あらすじ結末までネタバレ満開 第37段落】
 夜、ウィルソンズガレージでは、ジョージ・ウィルソンが妻マートルに真珠のネックレスを誰にもらったのだ、と罵倒している。マートルは通りに飛び出し、ロールスロイスが近付いてくるのを、愛人トムの車だと思い込む。でも、そのロールスロイスはギャツビーのだ。

【華麗なるギャツビー/あらすじ結末までネタバレ満開 第38段落】
 そのロールスロイスはスピードを出して運転し続け、よけられずにマートルを撥ねて即死させてしまった。トムとニックとジョーダンが灰の谷の現場を通りがかって死亡事故を知る。現場検証の警官(ニコラス・シンプソン、ビル・ヤングら)もいる。

【華麗なるギャツビー/あらすじ結末までネタバレ満開 第39段落】
 トム・ブキャナンは見るからにひどく取り乱しているが、犠牲者マートルが自分の愛人だとは言わない。トムがマートルの夫ジョージに言葉をかけに行くと、撥ねた車はギャツビーが運転していたと教える。

【華麗なるギャツビー/あらすじ結末までネタバレ満開 第40段落】
 彼らは急いでロングアイランドに戻る。ここで、ニックはギャツビーから真相を知らされる。あの事故の時、デイジーがハンドルを握っていたのだと。イライラを鎮めるためだった。ギャツビーはよけさせようとしたけれど間に合わず事故を起こしてしまったのだ。

【華麗なるギャツビー/あらすじ結末までネタバレ満開 第41段落】
 しかしギャツビーは泥を被るつもりでいる。いつまでも、何があっても、ギャツビーはデイジーを想い続けているのだ。しかし、そんなデイジーとトムは明らかに和解したらしく、お喋りしているのがニックの目に映る。ロールスロイスの手入れをしているギャツビーとニックは話して、ギャツビーのことを更にこう詳しく知ることができた。

【華麗なるギャツビー/あらすじ結末までネタバレ満開 第42段落】
 戦地から帰ってもずっとデイジーが自分のもとに戻ってくることを心から望んでいたこと。一文無しだったけれどデイジーと一緒になりなかったのに、彼女はトムと結婚してしまったこと。パーティをあれだけ開催していたのも、いつかデイジーが姿を見せるのではないかという期待からだったこと。

【華麗なるギャツビー/あらすじ結末までネタバレ満開 第43段落】
 その日の朝、ニックが仕事に出かける際、庭師(ブライアン・プロベッツ)が落葉の前にプールを排水するとギャツビーに言ってきた。ギャツビーはひと泳ぎしようとプールに入ることにする。プラザホテルの出来事があった後でも、きっとデイジーから電話がかかってくるとギャツビーは確信しているので、プールの傍に電話機を持ってこさせるくらい。

【華麗なるギャツビー/あらすじ結末までネタバレ満開 第44段落】
 別れ際、ブキャナン夫妻は腐り切った人種であり、君はずっと価値のある人間だよと、ニックはギャツビーに言って、親しげに手を振り合う二人。これが最後になるとは・・・。よい知らせの電話がかかってくるといいなと思いながら、ニックは仕事中でも気になって仕方ない。

【華麗なるギャツビー/あらすじ結末までネタバレ満開 第45段落】
 一方、トムは故マートルの夫ジョージに、運転していたのはギャツビーだと話す。ジョージは早合点して、妻の愛人もギャツビーだと思い込んでしまった。そして拳銃を手にする。同じ頃、デイジーはギャツビーに電話しようかしらと思案中。

【華麗なるギャツビー/あらすじ結末までネタバレ満開 第46段落】
 ギャツビーの電話が鳴った。ワクワクして受話器を取るギャツビーの背後にはジョージが迫ってきており、背中を一発撃つ。ギャツビーは死んでプールに沈む。同時にもう一発の銃声。それはジョージの自殺だ。その二発の銃声をニックが受話器を通して聞くことになる。電話したのはデイジーではなくてニックだったのだ。

【華麗なるギャツビー/あらすじ結末までネタバレ満開 第47段落】
 ギャツビーの死亡後、メディアはマートル・ウィルソンの不倫相手および轢き逃げの犯人としてギャツビーを悪者に仕立てて報じまくる。ギャツビーの邸宅には記者が溢れ、開いた棺に群がっている始末だ。ギャツビーが真実を明かさなかったのをニックは悔しくてたまらない。

【華麗なるギャツビー/あらすじ結末までネタバレ満開 第48段落】
 葬式をデイジーに連絡しようとすると、夫トムと娘のパミー(エミリー・フォーマン、タイガー・リーシー・ワイヴィル、シャーリーズ・スキナ)ともども荷物を纏めてニューヨークから去ってしまっていた。結局、ギャツビーの葬儀に列席したのはニック・キャラウェイただ独り。メディアの連中も来ていたのでニックが追い払った。

【華麗なるギャツビー/あらすじ結末までネタバレ満開 第49段落】
 ギャツビーの真相を知り理解する者はニックだけだ。ニックはギャツビーの人生に纏わる人達や東部の富裕層の倫理的な腐敗と空虚さに嫌気が差して、ニューヨークから中西部に戻ることにした。ギャツビーの、デイジーと一緒になるという純粋な夢も叶わなかったなぁ、と呟きながら。

【華麗なるギャツビー/あらすじ結末までネタバレ満開 第50段落】
 シーンは精神科医の診察室に戻る。ニックが書き終えた回想録は「ギャツビー」という題だが、ニックはもう一度表紙ページを見て「偉大なる(華麗なる)」を付け加える。気持ちが篭っている新タイトルは「ザ・グレイト・ギャツビー(グレート・ギャツビー)」。

以上。
※<華麗なるギャツビー>のテキストは、<『THE GREAT GATSBY』-Wikipedia英語版、『THE GREAT GATSBY』-IMDb、『THE GREAT GATSBY』関連サイト英語版の翻訳、映画『華麗なるギャツビー』-Wikipedia、『華麗なるギャツビー』EPK、公式サイト・関連サイト等を引用。
※本ファイル<華麗なるギャツビー>には間違いがある場合がありますので、お読みになる方は、どうかご了承くださいませ。

テキスト:幸田幸


 ■恭子の動画映像ブログ
 http://coda21.net/broadband/index.htm

注目の映画・DVD・映像動画はこちら・・・▼
 ★映画の森てんこ森 http://coda21.net/

 映画の森てんこ森のその他の映像・動画コンテンツを見る・・・>>
【B級グルメ@映画の森てんこ森】=YouTube動画サイト
 
 

| 「目次」Topページ | 本ページ更新 | 本ページ最終更新 |

更新ブログはここをクリック


映画解説・レヴュータイトル一覧表
映画の森てんこ森 バナー03

映画の森てんこ森 coda21幸田幸 クレジット バナー01


幸のイタリア旅行のHPへ幸田幸のイタリア旅行バナーボタン01クリックで「旅行の森てんこ森」のページに進む。
幸のイタリア旅行のHPへ

★テキスト中心対応(T)版 (28Kbps~56Kbps) ■800×600画面 ■文字サイズ(小) ■IE4以上推奨
★ブロードバンド対応(B)版 (ADSL以上) ■800×600画面 ■文字サイズ(小) ■IE6推奨

★ MacNN や WinNN では、動作や表示 がWindows IE と異なる場合があります。ご了承下さい。

※右欄のイラストは「NOM's FOODS iLLUSTRATED」さまへ使用許諾申請済
Images Courtesy of <http://homepage1.nifty.com/NOM/index.htm>

 
 
 
表紙目次読む映画試写会レヴュー観たい度映画予告編エッセイ日誌試写会情報
リンク集映画ゲーム思い出映画
| 映画レヴュー10000字超 | 映画解説タイトル一覧表 |
幸のカレンダーぼろくそパパの独り言 | livedoorブログ | 旅行の森てんこ森 |
ブロードバンドB版 | 恭子の動画映像ブログ | 恭子の「YouTube」 | サイト内検索 |
© 2002-2013 Sachi CODA at Eigano-Mori Tenko-Mori, CODA21. All Rights Reserved.