死霊館のあらすじ@幸田幸
 ■映画ネタバレ/死霊館のあらすじ@幸田幸
死霊館
THE CONJURING
死霊館のあらすじ@幸田幸 ▼画像クリックでスライドショーをもう一度見れます。
死霊館 (2013) THE CONJURING
(C)2013 WARNER BROS. ENT. ALL RIGHTS RESERVED.
| 「映画の森てんこ森」表紙 | 新作映画Top | タイトル一覧 | 本ページ更新 |
死霊館のあらすじ@幸田幸
ネタバレ注意<死霊館のあらすじ@幸田幸>@映画の森てんこ森
ストーリー展開の前知識やネタバレがお好みでない方は、読まないで下さい。
■死霊館のあらすじ@幸田幸
 GoogleやYahoo!の検索エンジンで、映画の森てんこ森のネタバレファイルをお探しの場合は、
ネタバレ 死霊館>又は
死霊館 ネタバレ>と入力してください。

【『死霊館』ネタバレ】
ネタバレご注意:以下の<死霊館のあらすじ@幸田幸>のあらすじ・ストーリー・結末にはネタバレが含まれています。映画『 死霊館 (2013) THE CONJURING 』をまだご覧になっていない方は、どうかネタバレにご注意ください。
 Warning!Plot synopsis, storyline and story-end items below here contain information that may give away important plot points. You may not want to read any further if you've not already seen this title.

★『 死霊館 』劇場公開情報
 2013年10月11日(金)より、新宿ピカデリー、なんばパークスシネマ他全国ロードショー!!
 ※日本配給情報: 劇場公開(ワーナー・ブラザーズ)


 本ファイル<死霊館のあらすじ@幸田幸>や、このページの他の「ネタバレ」コンテンツは、先行公開されている海外の映画作品を劇場鑑賞やDVD鑑賞したり、<Wikipedia>英語版の記事やその他の海外映画情報を幸田幸@映画の森てんこ森が翻訳編集したりして、ネタバレ版テキストを作成・アップしています。<死霊館のあらすじ@幸田幸>のあらすじに私の鑑賞誤解があったり、文章表現が稚拙であったり、直訳的だったり、翻訳ミスがある場合がありますので、どうかご了承くださいますようにお願い申し上げます。

<死霊館のあらすじ>の仕切り線

▼▼▼死霊館のあらすじ@幸田幸▼▼▼

【死霊館のあらすじ@幸田幸 第01段落】
 気味悪い人形がこちらを見つめている・・・。「アナベル事件」と呼ばれている怪奇現象を調査しているのは、心霊学者・超常現象研究家エド・ウォーレン(パトリック・ウィルソン)とロレイン・ウォーレン或いはロレーヌ・ウォーレン(ヴェラ・ファーミガ)の夫妻だ。

【死霊館のあらすじ@幸田幸 第02段落】
 ウォーレン夫妻は、若い女性二人と男性一人(モーガナ・ブリジャース、エイミー・ティプトン、ザック・パパス)に話しかけている。その人形“アナベル”がその家で前に亡くなった子の霊にとりつかれていると信じている、若い女性達。

【死霊館のあらすじ@幸田幸 第03段落】
 回想シーンで、誰かが赤いクレヨンで「私がいなくて寂しい?」と走り書きしていた。そして人形“アナベル”はもともと置かれていたのと異なる場所で見つかった。人形の中の霊は悪魔ではなくて、その女性達の一人にとりつこうとしていた霊だと、ウォーレン夫妻は断定する。

【死霊館のあらすじ@幸田幸 第04段落】
 ウォーレン夫妻はこういう過去の怪奇現象事例を、学生達(キムーラ・ケネディ、ショーン・フリン、アシュレイ・ホワイトら)にビデオで映している。学生が、お二人の呼び方は?と尋ねると、ゴーストハンターとか超常現象研究家とか言われているけれど、ただ“エド&ロレイン・ウォーレン夫妻”と呼んでくれたらいい、とロレインは言う。

【死霊館のあらすじ@幸田幸 第05段落】
 ウォーレン夫妻は1960年代から数多くの怪奇現象を解決してきた。夫エド・ウォーレンは悪魔研究者としてヴァチカンから承認された唯一の非聖職者だ。一方、妻ロレイン・ウォーレンは卓越した透視力の持ち主である。その二人にも衝撃的すぎる事例があった。それがこの死霊館の出来事である。

【死霊館のあらすじ@幸田幸 第06段落】
 これは、『 悪魔の棲む家 (2005) THE AMITYVILLE HORROR 』のアミティヴィルの奇怪な出来事よりも先にあった実話だそうだ。この『死霊館』の英語原題「 The Conjuring 」は「魔術」「心霊や悪魔に頼ること」という意味。“夫妻が数千件もの調査をした中で最も邪悪で封印されていた事件が遂に解禁”と謳われる。

【死霊館のあらすじ@幸田幸 第06段落】
 1971年、アメリカ合衆国東北部、ニューイングランド地方ロードアイランド州ハリスヴィル。長距離トラック運転手のロジャー・ペロン(ロン・リヴィングストン)とキャロリン・ペロン(リリ・テイラー)夫妻は、古いが見た目は美しい一軒家に引越ししてきた。子供は女の子ばかり五人。

【死霊館のあらすじ@幸田幸 第07段落】
 長女アンドレア・ペロン(シャンリー・キャズウェル)から、ナンシー・ペロン(ヘイリー・マクファーランド)、クリスティーン・ペロン(ジョーイ・キング)、シンディ・ペロン(マッケンジー・フォイ)、末っ子エイプリル・ペロン(カイラ・ディーヴァー)までの可愛い五人娘だ。

【死霊館のあらすじ@幸田幸 第08段落】
 長女アンドレアは引越しに決してワクワクしていない。それに、一家の愛犬セイディー(ダスティ)は家の中に入るのを拒む。動物は嗅覚が鋭くて気配を感じ取りやすいから。仕方なく外で寝かせる。末娘のエイプリルは木の傍でオルゴールで遊んでいる。

【死霊館のあらすじ@幸田幸 第09段落】
 母キャロリンが家中を見ると、時計が全部 3:07で止まっている。娘達は隠れんぼ。三女クリスティーンが目隠しされて遊んでいると、壁をたまたま壊して、地下室に続いているのを発見した。父ロジャーは地下室を調べ、ここは降りて行っては駄目だと娘達に聞かせる。

【死霊館のあらすじ@幸田幸 第10段落】
 その夜、三女クリスティーンと次女ナンシーが二人一緒の寝室で睡眠中、クリスティーンの脚が引っ張られた。同室のナンシーが悪戯したのだと思って怒る。また、悪臭がするので、それもナンシーのオナラだと思って文句を言う。

【死霊館のあらすじ@幸田幸 第11段落】
 翌朝、母キャロリンは目覚めると、覚えのないアザがある。末娘のエイプリルはワンちゃんを気遣って外に出ると、愛犬セイディーが死んでいるのを見つける。これから始まって、奇怪な出来事が次々と起こり始めるのだ。キャロリンのアザはどんどん増えていく。

【死霊館のあらすじ@幸田幸 第12段落】
 末娘のエイプリルは想像上の友達ローリー(ネイト・シーマン)に話しかけて、ワンちゃんが死んでどんなに悲しいかを伝えている。四女シンディは長女アンドレアの寝室に夢遊歩行していき、洋服だんすに頭を打ちつける。鳥は何羽も窓に突進してきて死ぬ。ドアが独りでにきしむのに父ロジャーは気付く ・・・続く

▲TOPへ

◆ここからは、結末まで書いてネタバレしていますので、ストーリー全体が分ります。御注意下さい。
 ATTN: This review reveals the movie content. Please don't say that I didn't say !


★以下のネタバレ日本語訳は、映画『死霊館』の公開日2013年10月11日(金)の翌日、又は翌日以降に公開予定ですが、映画をご覧になる前に、前もって<ストーリー/あらすじ/結末までの完全ネタバレ日本語版>をお読みになりたい方は、以下をクリックしてください。

 ・・・続きは<ネタバレ映画/死霊館>をお読みください⇒(画面入替表示)


【感謝とお願い】多くの皆様にこのネタバレコーナーにアクセス頂き、ありがとうございますm(__)m
 GoogleやYahoo!の検索エンジンで、映画の森てんこ森のネタバレファイルをお探しの場合は
ネタバレ 死霊館>又は
死霊館 ネタバレ>と入力してください。

 もしクリックしてもネタバレファイルにジャンプしない場合は、映画会社や配給会社への配慮として、まだリンクを貼っていない期間です。リクエスト・メールが多い場合は(お返事は出せませんが)、タイミングを見計らって、映画公開一週間前にはアップしますので、どうかご了承ください。
以上。


※参考資料:映画『死霊館』-Wikipedia、『THE CONJURING』-Wikipedia英語版、『THE CONJURING』-IMDb、『死霊館』EPK、公式サイト
| ←前の閲覧ページに戻る |▲TOP | ▲目次 |
映画の森てんこ森代表:幸田幸
coda_sati@hotmail.com
「映画の森てんこ森」へ「旅行の森てんこ森」へ
映画解説・レヴュータイトル一覧表へ
映画の森てんこ森 バナー03

映画の森てんこ森 coda21幸田幸 クレジット バナー01
幸のイタリア各都市情報へ
旅行の森てんこ森 バナー03
136x70
本サイトの作文、データ及び画像などのコンテンツの無断転用はお控え下さい。
貴サイトへの御掲載についてはメールにてお知らせ頂ければ幸いです。
© 2002-2013 Sachi CODA at Eigano-Mori Tenko-Mori, CODA21. All Rights Reserved.