オブリビオン

オブリビオンのネタバレ@映画の森てんこ森


【恭子の動画映像ブログ】 2013年6月1日(土)公開予定
最新映画のネタバレ/あらすじ・ストーリー・結末のネタバレ・完全ネタバレ
※この欄のイラストは「NOM's FOODS iLLUSTRATED」さまより使用許諾を得ています。(c)映画の森てんこ森/F・恭子
更新版
F・恭子のブロードバンドブログnew オブリビオンのネタバレ

映画『 オブリビオン 』の解説
※クリックでYouTube『オブリビオン (2013) OBLIVION』予告編へ
映画『 オブリビオン 』の予告編
※動画はOblivionTheMovieへリンクで掲載
(C) 2012 OBLIVION LLC. All rights reserved.

| 「目次」Topページ | 本ページ更新 | 本ページ最終更新 |
オブリビオン/映画『 オブリビオン OBLIVION 』あらすじ・ストーリーのネタバレ/結末まで完全ネタバレ  by ネタバレンタイン犬@映画の森てんこ森オブリビオンのネタバレ
オブリビオンのネタバレ
 今日のタイトルは「オブリビオンのネタバレ」です。
 そしてYouTube動画映像版は映画『オブリビオン』の予告編です。
 映画『 オブリビオン (2013) OBLIVION 』の映画解説はこちらから。
 このページは、幸田幸@映画の森てんこ森が、日本公開前の映画を海外の劇場やDVDで鑑賞して作文したり、『 オブリビオン (2013) OBLIVION 』のWikipedia英語版プロットや、海外映画情報(あらすじ・ストーリー・ネタバレ等)を大雑把に日本語訳して編集、纏めたものです。

映画『オブリビオン』の劇場公開
 2013年5月31日(金)より、TOHOシネマズ日劇、梅田ブルク7他全国公開!!

ネタバレご注意:あらすじ・ストーリー・結末まで、ネタバレ満開ですので、映画『 オブリビオン (2013) OBLIVION 』をまだご覧になっていない方はネタバレにご注意ください。
 Warning!The items below here contain information that may give away important plot points. You may not want to read any further if you've not already seen this title.

★製作陣スタッフや登場人物キャスト、映画解説やポスター等の情報は以下を参照してください。
◎オブリビオン@映画の森てんこ森
http://coda21.net/eiga3mai/2013/OBLIVION.htm
◎livedoor版【オブリビオンのスタッフ&キャスト】
http://blog.livedoor.jp/borocso/archives/1850787.html
◎livedoor版【『オブリビオン』スタッフフィルモ】
http://blog.livedoor.jp/borocso/archives/1850784.html
◎livedoor版【『オブリビオン』キャストフィルモ@映画の森てんこ森】
http://blog.livedoor.jp/borocso/archives/1850791.html
◎BK版【映画「オブリビオン」ポスター】
http://coda21.net/broadband/blog2013_05/130521.htm
◎livedoor版<映画「オブリビオン」ポスター@映画の森てんこ森>
http://blog.livedoor.jp/borocso/archives/1850842.html
◎livedoor版【映画『オブリビオン』@映画の森てんこ森】
http://blog.livedoor.jp/borocso/archives/1850944.html
◎livedoor版【オブリビオンの映画解説】
http://blog.livedoor.jp/borocso/archives/1850946.html
◎livedoor版<ネタバレ映画/オブリビオン@映画の森てんこ森>
http://blog.livedoor.jp/borocso/archives/1851316.html
◎livedoor版<ネタバレ結末/オブリビオン@映画の森てんこ森>
http://blog.livedoor.jp/borocso/archives/1851318.html
◎BK版<オブリビオンのネタバレ@映画の森てんこ森>
http://coda21.net/broadband/blog2013_06/130601.htm
◎livedoor版<オブリビオンの完全ネタバレ@映画の森てんこ森>
http://blog.livedoor.jp/borocso/archives/1851328.html

【オブリビオン/あらすじ結末までネタバレ満開 第01段落】
 『オブリビオン』の始まりは現代のニューヨークから。群集の中に立っている女性を見て、ジャック・ハーパー(トム・クルーズ)は誰かに話しかけているかのように思える。

【オブリビオン/あらすじ結末までネタバレ満開 第02段落】
 60年前、地球はスカベンジャーズ略してスカヴスというエイリアンに攻撃され、地球は勝つには勝ったが、地球の唯一の衛星である月を破壊されてしまった。エイリアン“スカヴス”の居住星の衛星も消滅している。

【オブリビオン/あらすじ結末までネタバレ満開 第03段落】
 その結果、地殻構造上の大変動を招き、核戦争になったため、地球での生命維持と暮らしは不可能となった。地球人は土星の最大の衛星タイタンに移住して居留地をつくり、“テト”と呼ばれる四面体の巨大宇宙ステーションで暮らしている。

【オブリビオン/あらすじ結末までネタバレ満開 第04段落】
 ジャック・ハーパーが目覚めると、時は2077年。ジャックの記憶は五年前に消し去られているので、上記のことはジャックは直接知っているわけではない。ジャックは今、“技師 49”として地球の残存する資源をタイタンの居留地に供給する目的で偵察する任務に就いている。彼の住まいは地上数千メートルの上空のワークタワーだ。

【オブリビオン/あらすじ結末までネタバレ満開 第05段落】
 ジャックとペアとなって同じく記憶を消去されて地球に残っているのは、ビクトリア・オルセン(アンドレア・ライズブロー)という。これより五年前にジャックとビクトリアは“機密消去”を受けている。それは、記憶を消し去って、尋問されても情報を流すことの無いようにされた処置である。

【オブリビオン/あらすじ結末までネタバレ満開 第06段落】
 ジャックとビクトリアは司令官のサリー(メリッサ・レオ)と連絡を取り続ける。司令官サリーは宇宙ステーション“テト”から伝達を行う。ジャックの主な任務は、荒廃した地球の上空をパトロールして、好戦的エイリアンから地球を護る為に無人機<ドローン>を修理するドローン修理工である。

【オブリビオン/あらすじ結末までネタバレ満開 第07段落】
 この任務もあと二週間。ジャックは地球こそが自分の故郷だと今でも思っている男だ。エイリアンの襲撃以前に、ニューヨークのエンパイアステートビルの86階の展望台で自分が美しい女性といるフラッシュバックにジャックは何度も悩んでいる。因みに、タイトルの『オブリビオン OBLIVION 』とは「忘却」という意味だ。

【オブリビオン/あらすじ結末までネタバレ満開 第08段落】
 ある日、ジャックはビクトリアの助っ人でドローン修理に向う。司令官サリーはビクトリアに、あなた達はチームとして効果的かと問うので、ビクトリアはそうだと答える。ジャックが修理の任務で向ったドローンは勝手に飛び去ってしまった。

【オブリビオン/あらすじ結末までネタバレ満開 第09段落】
 別の地点でジャックは湖の近くの小屋に立ち寄る。レコードを聴いたり人間の文明の残した品々に触れたりして、外界で過ごすことに心を洗われる思いがし、穏やかな気分になる。そしてドローンの後を追って、図書館だったらしい建物に着く。暗闇でエイリアン“スカヴス”たちがジャックを狙うが、ドローンがやっつけた。

【オブリビオン/あらすじ結末までネタバレ満開 第10段落】
 帰宅してジャックはシャワーを浴びても、以前から浮かんでくる女性の姿が頭から離れない。さっきのエイリアン“スカヴス”の話題も出て、あれは殺すつもりはなかった、あなたを捕まえようとしただけ、とビクトリアは言う。二人は裸で水浴びしてロマンティックな雰囲気になるけれど、その謎の女性の姿はジャックの脳裏から離れない。

【オブリビオン/あらすじ結末までネタバレ満開 第11段落】
 翌朝、遠くで大爆発が起こる。ジャックがそこに飛んでいくと、宇宙船“オデッセイ”が胴体着陸していて、中に生存者たち(フィリーナ・バーリス、アンドリュー・ブレランドら)がいることが分かる。それはエンパイアステートビル屋上のエイリアン“スカヴス”の帰還標識によって落とされたのだ。

【オブリビオン/あらすじ結末までネタバレ満開 第12段落】
 低温睡眠している生存者たちの中に、ジャックが夢で見ているあの女性がいるではないか。カプセル内で低温睡眠しているその女性はジュリア・ルサコヴァ(オルガ・キュリレンコ)という。到来して他の生存者たちを殺したドローンから、ジャックはジュリアを救出する。

【オブリビオン/あらすじ結末までネタバレ満開 第13段落】
 ジャックがジュリアを家に連れて帰ると、ビクトリアは気が進まないが、ジュリアの回復の世話をする。ジュリアは意識を取り戻し、吐き始める。ジャックとビクトリアは、エイリアンとの戦争やジュリアの宇宙船が消えてしまったことを話して聞かせる。

【オブリビオン/あらすじ結末までネタバレ満開 第14段落】
 間もなく、彼らは宇宙船“オデッセイ”の墜落地点に戻り、オデッセイのログ(記録)を見つけるのだが、ジャックとジュリアは覆面をした者達に捕まる。その者達は地下の要塞に暮らしている人間だと判明。“スカヴス”とは彼らのことだったのだ。

【オブリビオン/あらすじ結末までネタバレ満開 第15段落】
 ジャックが目を覚ますと、大勢のそういうレジスタンスの生存者たち(Z・ディートリヒ、ポール・グナワンら)の前に座らされていた。女性のレジスタンスメンバー、カラ(ゾーイ・ベル)もいる。リーダーがマルコム・ビーチ(モーガン・フリーマン)である。マルコム・ビーチが言うには、「戦争なんてなかった、君は騙されていたのだ。」

【オブリビオン/あらすじ結末までネタバレ満開 第16段落】
 侵略が起こったとき若い兵士だったマルコム・ビーチは、地球にはエイリアンは来なかったと語り、作り上げた核兵器を輸送して四面体の巨大宇宙ステーション“テト”を破壊するよう、捕らえたドローンのプログラムをし直してくれとジャックに要請する。

【オブリビオン/あらすじ結末までネタバレ満開 第17段落】
 マルコム・ビーチの右腕ナンバー2のサイクス(ニコライ・コスター=ワルドー)はジャックをそこに連れてくることに対してマルコム・ビーチを信用していないので、大丈夫だと分かってもらいたいとビーチは思っている。

【オブリビオン/あらすじ結末までネタバレ満開 第18段落】
 ドローンが攻撃してきた。生存者(ジェイ・オリヴァー、デイロン・ミカ・オセロら)の何人かは殺害された。ジャックは首尾よくジュリアを救出して出て行く。マルコム・ビーチがジャックたちを出て行かせるので、サイクスは、ジャックを一体信用できるのかとビーチに問うが、ビーチは「彼女が信用できる」と答えるのだ。

【オブリビオン/あらすじ結末までネタバレ満開 第19段落】
 エンパイアステートビルの廃墟のてっぺんで、ジュリアはジャックにこう明かす。私はあなたの妻だと。ジャックはそう聞いて初めはショックを受けるが、この展望台が夢に出てきていたのもそれで頷けた。そこは、ジャックが彼女にプロポーズした所だったのだ。

【オブリビオン/あらすじ結末までネタバレ満開 第20段落】
 また、宇宙船“オデッセイ”というのは、巨大宇宙ステーション“テト”をターゲットにしていたNASAのスペースシャトルなのだとも、ジュリアは暴露する。ビクトリアは遠くからカメラ越しで二人の抱擁を目撃し、悲嘆に暮れる。

【オブリビオン/あらすじ結末までネタバレ満開 第21段落】
 ジャックとジュリアがタワーに戻ると、二人の関係を知ったビクトリアはジャックが入るのを拒否する。そして司令官サリーに、もう効果的なチームではありませんと伝えたので、ジャックが真相を教える前にビクトリアはドローンに殺されてしまう。

【オブリビオン/あらすじ結末までネタバレ満開 第22段落】
 ジャックとジュリアはどうにか逃走できた。二人は逃走飛行中、放射帯に入ってしまったので、胴体着陸する。他の生存者たち(ジェームズ・ローリングスら)がいる筈の基地の近くに行くと、“技師 52”というジャック自身のクローンと遭遇する。二人のジャックは戦い、本物のジャックがクローンの方のジャックを窒息させて気絶させるが、ジュリアは“技師 52”の武器で撃たれて負傷する。

【オブリビオン/あらすじ結末までネタバレ満開 第23段落】
 そのクローンの宇宙船を使って、ジャックはジュリアの傷を治せるものを探す。すると、ジャック自身のワークタワーのレプリカ“タワー52”に入ることになり、そこにはビクトリアのクローンもいるではないか。兎に角、ここからジュリアの傷薬を持ち出せる。

【オブリビオン/あらすじ結末までネタバレ満開 第24段落】
 そしてマルコム・ビーチの所に戻り、更なる衝撃的な事実を教わるのだ。ジャック自身が、2017年に宇宙飛行士だった元来のジャック・ハーパー機長のクローンであると。反乱軍は残存する人間達で構成されていることも。また、タイタンには居留地なんて存在しないことも。

【オブリビオン/あらすじ結末までネタバレ満開 第25段落】
 “テト”というのは地球からの避難民が暮らすスペースステーションではなくて、エイリアンの人工知能であり、それが最初の攻撃の真犯人であり、今ではそこで使うための資源を地球から取り出しているのだとも。

【オブリビオン/あらすじ結末までネタバレ満開 第26段落】
 それを成し遂げるためにジャック・ハーパーのクローンが“テト”に何千体もつくられて、初めは地球征服の侵略軍として使われた。それからは、エイリアンでなくて人間を見つけたら攻撃して殺すようにプログラムしたドローンを使ってきたのだった。

【オブリビオン/あらすじ結末までネタバレ満開 第27段落】
 ジャックは盗んだドローンに、“テト”の心臓部まで核兵器を乗せて運べるようにプログラムし直すのを手伝う。けれども、司令官のサリーはジャックのクローン“技師 52”からDNAを入手して、三機のドローンに反乱軍基地まで追跡させる。

【オブリビオン/あらすじ結末までネタバレ満開 第28段落】
 それに攻撃されて反乱軍基地は多大な痛手を負い、死傷者が多数出る。生き残ったのはジャックとジュリアとビーチとサイクスらだ。マルコム・ビーチも致命傷を負ったが、三機のドローンを負かすことは出来た。そして爆弾が破裂する際、サリーの顔を見たかったよ、とビーチは述べた。

【オブリビオン/あらすじ結末までネタバレ満開 第29段落】
 捕らえたドローン一機はその混乱の中で破壊された。でも核兵器はそのままだ。ジャックは、“テト”まで自分が乗っていってその核兵器を撃ち込むしかないと腹を決める。しかし、それでは近付いたら撃ち落とされるのは明白だ。

【オブリビオン/あらすじ結末までネタバレ満開 第30段落】
 すると、ジュリアがこう提案する。サリーはビクトリアのクローンよりもジュリアのクローンとの方がジャックともっと効果的なチームになると断定したので、私をサリーの所へ遣って、と。ジャックは“テト”を自ら攻撃することを決断し、もっと前に要求されたようにジュリアを連れて行くと、サリーに告げる。

【オブリビオン/あらすじ結末までネタバレ満開 第31段落】
 ジャックはジュリアを睡眠カプセルに入れて、スペースステーションへ向けて宇宙船に乗る。船内で、“オデッセイ”から復元したフライトレコーダーに耳を傾けたジャックはこう分かる。2017年、オリジナルのジャック・ハーパー機長は副操縦士のビクトリアと共にNASAの宇宙船オデッセイを操縦していた。

【オブリビオン/あらすじ結末までネタバレ満開 第32段落】
 それは、当時新発見のテトの調査のためだった。NASA司令室(管制官:キャサリン・キム・プン、管制官:ジェイソン・スタンレー、ブースター・エンジニア:ジェレミー・サンド)にいるサリーへの報告で、オデッセイの本来の任務は、タイタンへ飛行することだった。ジャックの妻も大勢の職員も低温睡眠状態で乗船していた。

【オブリビオン/あらすじ結末までネタバレ満開 第33段落】
 テトに近付くと帰還標識によって引きこまれてNASA司令室と連絡が取れなくなった。このままでは捕まってしまうと悟ったジャックは、睡眠カプセルを乗せた宇宙船を地球の周りを軌道に乗って回るようにプログラムして、緊急脱出させたのだった。妻の眠るカプセルもその中にあった。

【オブリビオン/あらすじ結末までネタバレ満開 第34段落】
 その直後、宇宙船はテトに引き込まれてしまった。一方、カプセルは地球の周りを軌道に乗って60年間回り、遂に地球上に落ちたのだった。こういう事実をフライトレコーダーから知って、ジャックはテトに入っていく。そこには、ジャックとビクトリアのクローンを抱えたポッドが何千もある。

【オブリビオン/あらすじ結末までネタバレ満開 第35段落】
 実は、ジャックの行動に不信を抱いたサリーはドローンを二機、ジャックの船に追尾させていた。サリーは最近のジャックの不従順な態度を問題視して、彼の心拍数や体温が高くなっている理由を知りたがっている。ジャックはそういうサリーにいつ殺されるか分からない事態なので、ただジュリアを届けに来て暮らしたいだけですと答える。

【オブリビオン/あらすじ結末までネタバレ満開 第36段落】
 サリーはジャックをテト内の居住地区に入る許可を出す。そのサリーであるが、正体は、NASAの司令官を類似させた、巨大な一体化した知覚力のある四面体の存在だった。つまり、テトを作り上げているコンピュータ・プログラムの一部なのだった。

【オブリビオン/あらすじ結末までネタバレ満開 第37段落】
 ジャックはジュリアの入っているカプセルを取り出して開けて見せると、それはジュリアではなくて、反乱軍のリーダー、マルコム・ビーチであった。瀕死だったが死んではいなかったのだ。騙されたと知ってイラつくサリー。サリーは自分こそがジャックの“創造主”“神”なのだと言う。

【オブリビオン/あらすじ結末までネタバレ満開 第38段落】
 ジャックはジュリアのカプセルを地球の森の小屋付近に残してきたのだ。ジャックとビーチは自己犠牲を払って核兵器を爆発させる。こうして遂にテトは滅んだ。この結果、地球のスカヴス攻撃に向っていた残っているドローンは全て非活動化した。

【オブリビオン/あらすじ結末までネタバレ満開 第39段落】
 それから三年後、地球は元通りになり始め、ジュリアは森の小屋で、ジャックの忘れ形見の幼い娘(アビゲイル・ロウ/イザベル・ロウ)と平和な暮らしを保っている。近くの森からは、食料等を届けにサイクス率いるレジスタンスの面々がやって来て、その中にはジャックのクローン“技師 52”もおり、ジュリアと娘を見つめる。

【オブリビオン/あらすじ結末までネタバレ満開 第40段落】
 娘は「あの人誰?」と聞くが、ジュリアはショックで対応できない。ジュリアとジャックは微笑んで見つめ合うのだ。映画の終わりは、ジャックのナレーションで。「私の名前はジャック・ハーパー。ただいま。」

以上。
※<オブリビオンのネタバレ>のテキストは、<『OBLIVION』-Wikipedia英語版、『OBLIVION』-IMDb、『OBLIVION』関連サイト英語版の翻訳、映画『オブリビオン』-Wikipedia、『オブリビオン』EPK、公式サイト・関連サイト等を引用。
※本ファイル<オブリビオンのネタバレ>には間違いがある場合がありますので、お読みになる方は、どうかご了承くださいませ。

テキスト:幸田幸


 ■恭子の動画映像ブログ
 http://coda21.net/broadband/index.htm

注目の映画・DVD・映像動画はこちら・・・▼
 ★映画の森てんこ森 http://coda21.net/

 映画の森てんこ森のその他の映像・動画コンテンツを見る・・・>>
【B級グルメ@映画の森てんこ森】=YouTube動画サイト
 
 

| 「目次」Topページ | 本ページ更新 | 本ページ最終更新 |

更新ブログはここをクリック


映画解説・レヴュータイトル一覧表
映画の森てんこ森 バナー03

映画の森てんこ森 coda21幸田幸 クレジット バナー01


幸のイタリア旅行のHPへ幸田幸のイタリア旅行バナーボタン01クリックで「旅行の森てんこ森」のページに進む。
幸のイタリア旅行のHPへ

★テキスト中心対応(T)版 (28Kbps~56Kbps) ■800×600画面 ■文字サイズ(小) ■IE4以上推奨
★ブロードバンド対応(B)版 (ADSL以上) ■800×600画面 ■文字サイズ(小) ■IE6推奨

★ MacNN や WinNN では、動作や表示 がWindows IE と異なる場合があります。ご了承下さい。

※右欄のイラストは「NOM's FOODS iLLUSTRATED」さまへ使用許諾申請済
Images Courtesy of <http://homepage1.nifty.com/NOM/index.htm>

 
 
 
表紙目次読む映画試写会レヴュー観たい度映画予告編エッセイ日誌試写会情報
リンク集映画ゲーム思い出映画
| 映画レヴュー10000字超 | 映画解説タイトル一覧表 |
幸のカレンダーぼろくそパパの独り言 | livedoorブログ | 旅行の森てんこ森 |
ブロードバンドB版 | 恭子の動画映像ブログ | 恭子の「YouTube」 | サイト内検索 |
© 2002-2013 Sachi CODA at Eigano-Mori Tenko-Mori, CODA21. All Rights Reserved.

オブリビオン@映画の森てんこ森

オブリビオン@映画の森てんこ森
 | 表紙 | 目次 | 読む映画試写会 | レヴュー | 観たい度映画 | 予告編 | エッセイ | 日誌 | 試写会情報 |
リンク集 | 映画ゲーム思い出映画| 映画レヴュー10000字超 | 映画解説タイトル一覧表 |
幸のカレンダー | ぼろくそパパの独り言 | livedoorブログ | 旅行の森てんこ森 |
ブロードバンドB版 | 恭子の動画映像ブログ | 恭子の「YouTube」 | サイト内検索 |
 映画の森てんこ森■映画解説と予告編とレヴュー
オブリビオン (2013)
OBLIVION
 
※クリックでYouTube『オブリビオン OBLIVION』予告編へ
▲上のスライドショーを初めから見る
※予告編はYouTube「リンク」モードで掲載。Trailer Courtesy of OblivionTheMovie
(C) 2012 OBLIVION LLC. All rights reserved.
| 「目次」Topページ | 「B版」Topページ | 本ページ更新 | 本ページ最終更新 |
【 目次 】
■映画『 オブリビオン (2013) OBLIVION 』の映画データ
■映画『 オブリビオン (2013) OBLIVION 』の解説
 ネタバレが含まれている場合があります。
■映画『 オブリビオン (2013) OBLIVION 』のフィルモ&トリビア
■映画『 オブリビオン (2013) OBLIVION 』のスタッフとキャスト
□映画『 オブリビオン (2013) OBLIVION 』のキャスト/登場人物
■映画『 オブリビオン (2013) OBLIVION 』のあらすじ・ストーリー
■映画『 オブリビオン (2013) OBLIVION 』の<ネタバレ/もっと詳しく>
 <ネタバレ/もっと詳しく>は映画『 オブリビオン (2013) OBLIVION 』の「テキストによる映画の再現」レヴュー(あらすじとネタバレ)です。
 ※ご注意:映画『 オブリビオン (2013) OBLIVION 』の内容やネタバレがお好みでない方は読まないで下さい。
■映画『 オブリビオン (2013) OBLIVION 』のWikipedia情報
■映画『 オブリビオン (2013) OBLIVION 』の評論×感想
映画『 オブリビオン (2013) OBLIVION 』予告編や関連映像映画『 オブリビオン 』の予告編や関連映像を観る→
映画『 オブリビオン (2013) OBLIVION 』ビデオ動画映像映画『 オブリビオン 』の色々なビデオ映像を観る→
映画『 オブリビオン (2013) OBLIVION 』写真・スチル画像映画『 オブリビオン 』の色々な写真やスチルを観る→
映画『 オブリビオン (2013) OBLIVION 』ポスター画像映画『 オブリビオン 』の色々なポスターを観る→
■映画『 オブリビオン (2013) OBLIVION 』の更新記録

映画『 オブリビオン 』あらすじ・ストーリーのネタバレ/結末まで完全ネタバレ  by ネタバレンタイン犬@映画の森てんこ森映画『オブリビオン』のネタバレ⇒別ファイル「オブリビオンのネタバレ」へ
★2013年5月31日(金)より、TOHOシネマズ日劇、梅田ブルク7他全国公開!!


>>
「映画解説・レヴュータイトル一覧表」へ(画面の切り替え)
■映画『 オブリビオン (2013) OBLIVION 』の映画データ
オブリビオン
映画『 オブリビオン (2013) OBLIVION 』ポスター
Links: Official Web Site(日本語)
Official Web Site(英語)
Trailers: 日本語予告編
海外予告編
IMDb予告編

Poster Courtesy of IMDb
※クリックでポスター拡大
860x1280画像1枚)


★海外の色々なポスターは
こちらをクリック↓
■邦題:オブリビオン
■英語題:OBLIVION
■メディア:映画/カラー
■上映時間:126 分
■製作国:アメリカ合衆国、ロシア
■言語:英語
■制作会社:Universal Pictures(ユニバーサル・ピクチャーズ)、A Joseph Kosinski Film(ア・ジョセフ・コシンスキー・フィルム)、Chernin Entertainment(チャーニン・エンタテインメント)、Ironhead Studios(アイアンヘッド・スタジオズ)、Radical Pictures(ラディカル・ピクチャーズ)、Radical Studios(ラディカル・スタジオズ)、Truenorth Productions(トゥルーノース・プロダクションズ)
■製作年:2013年
■製作費:$120,000,000(推定)
■興行収入:国内=$75,814,250 (2013年5月10日現在)
■海外興行収入:$146,800,000 ※2013年5月10日現在調査
■全世界興行収入:$222,614,250 ※2013年5月10日現在調査
■アメリカ公開年月:2013年4月19日全米公開
■日本公開年月:2013年5月31日(金)全国公開
■日本配給情報:劇場公開(東宝東和)
■ジャンル:SF/アクション/サスペンス
■映倫:G
■公式サイト(日本)
 『オブリビオン
 http://oblivion-movie.jp/
■公式サイト(英語版)
 『OBLIVION
 http://www.oblivionmovie.com(英語)
■IMDb情報
 『OBLIVION
 http://www.imdb.com/title/tt1483013/
■キャッチコピー:
 何故、彼は
 人類のいない地球に残されたのか──?
 この未来を、誰が予想したか。
■劇場公開情報:2013年5月31日(金)
 2013年5月31日(金)より、TOHOシネマズ日劇、梅田ブルク7他全国公開!!

※旧作の映画は公式サイトや予告編は閉鎖・削除される場合がありますのでご了承ください。
 編集:小沢栄三 
© Images copyright their respective owners; usually the distributor of the above titled movie unless otherwise noted.
| ←前の閲覧ページに戻る |▲TOP | ▲予告編 | ▲目次 |
映画の森てんこ森代表:幸田幸
coda_sati@hotmail.com
「映画の森てんこ森」へ「旅行の森てんこ森」へ
映画解説・レヴュータイトル一覧表へ
映画の森てんこ森 バナー03

映画の森てんこ森 coda21幸田幸 クレジット バナー01
幸のイタリア各都市情報へ
旅行の森てんこ森 バナー03
136x70
本サイトの作文、データ及び画像などのコンテンツの無断転用はお控え下さい。
貴サイトへの御掲載についてはメールにてお知らせ頂ければ幸いです。
© 2002-2013 Sachi CODA at Eigano-Mori Tenko-Mori, CODA21. All Rights Reserved.

ギャラリー
  • ネタバレ結末/悪の法則@幸田幸
  • ネタバレ結末/悪の法則@幸田幸
  • ネタバレ結末/悪の法則@幸田幸
  • ネタバレ結末/悪の法則@幸田幸
  • ネタバレ結末/悪の法則@幸田幸
  • ネタバレ結末/悪の法則@幸田幸
  • ネタバレ結末/悪の法則@幸田幸
  • ネタバレ映画/悪の法則@幸田幸
  • ネタバレ映画/悪の法則@幸田幸
  • ライブドアブログ