ローン・レンジャー

ネタバレ結末/ローン・レンジャー(2)@幸田幸

ネタバレ結末/ローン・レンジャー@幸田幸
 ■映画ネタバレ/結末
ローン・レンジャー (2013)
THE LONE RANGER
ネタバレ結末(2)/ローン・レンジャー@幸田幸
ローン・レンジャー (2013) THE LONE RANGER
(c)Disney Enterprises, Inc. and Jerry Bruckheimer Inc. All Rights Reserved.
| 「映画の森てんこ森」表紙 | 新作映画Top | タイトル一覧 | 本ページ更新 |
ネタバレ結末/ローン・レンジャー (2)
■映画『ローン・レンジャー』ネタバレの目次
●7/28公開publog用<ネタバレ映画(1)/ローン・レンジャー@幸田幸>
●7/29公開publog用<ネタバレ映画(2)/ローン・レンジャー@幸田幸>
●7/30公開publog用<ネタバレ映画(3)/ローン・レンジャー@幸田幸>
◎7/31公開publog用<ネタバレ結末(1)/ローン・レンジャー@幸田幸>
◎8/1公開publog用<ネタバレ結末(2)/ローン・レンジャー@幸田幸>
ネタバレ注意@映画の森てんこ森
ストーリー展開の前知識やネタバレがお好みでない方は、読まないで下さい。
■ネタバレ結末/ローン・レンジャー
【『ローン・レンジャー』ネタバレ】
ネタバレご注意:以下の<ネタバレ結末/ローン・レンジャー>のあらすじ・ストーリー・結末にはネタバレが含まれています。映画『 ローン・レンジャー (2013) THE LONE RANGER 』をまだご覧になっていない方は、どうかネタバレにご注意ください。

★『 ローン・レンジャー 』劇場公開情報
 2013年8月2日(金)より、全国公開!!
 ※日本配給情報: 劇場公開(ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン)

<ネタバレ映画/ローン・レンジャー>の仕切り線

<ネタバレ結末(1)/ローン・レンジャー@映画の森てんこ森>に戻る

▼▼▼ネタバレ結末(2)/ローン・レンジャー@映画の森てんこ森▼▼▼

【ネタバレ結末(2)/ローン・レンジャー 第54段落】
 さて、先ほどコリンズを撃ってレベッカとダニーを救出したのは、鉄道王レイサム・コールだった。今、レベッカとダニーはレイサム・コールの車両に乗って保護され、ダイニング車両にまで案内されるほどの優遇を受けている。でもレベッカはそんな下心ありすぎなコールは気味が悪い。

【ネタバレ結末(2)/ローン・レンジャー 第55段落】
 軍の指揮官ジェイ・フラー(バリー・ペッパー)が騎兵隊(ショーン・ダーラム、アンソニー・R・バート、R・J・カークホープ、ウィル・カークホープ、ケネス・ラヴ)を率いて車両のドアをノックして入ってくる。コマンチ族を撃退する戦法を協議するためだ。

【ネタバレ結末(2)/ローン・レンジャー 第56段落】
 すると、外で何か慌しい雰囲気。ジョンが疲労困憊のブッチを引きずって到着したのだ。ローン・レンジャーが夫ダンだという噂を耳にしていたレベッカも息子ダニーも一目会いたい。しかし、コールはそうさせずに母子を食品貯蔵室に連行させて拳銃を向ける。

【ネタバレ結末(2)/ローン・レンジャー 第57段落】
 レイサム・コールはジョンが捕らえて連れ帰った極悪人ブッチ・キャヴェンディッシュを殴ったり蹴ったりして民衆を喜ばす。そしてブッチを別の車両に入れ、ジョンを歓迎して食堂車に案内し、腹ペコのジョンは山ほど食べる。するとそこには、見慣れたネッカチーフと子供の玩具。

【ネタバレ結末(2)/ローン・レンジャー 第58段落】
 レベッカとダニーがここに囚われていると悟ったジョン。しかも、捕らえたのはレイサム・コール。こうして謎が解けてきた。昔、銀を独り占めしたくてトントの部族を皆殺しにした二人の白人兄弟とは、若き日のレイサム・コールとブッチ・キャヴェンディッシュだったのだ。

【ネタバレ結末(2)/ローン・レンジャー 第59段落】
 今や二人の悪人は略奪目的で戻ってきて、罰を免れて逃走するつもりだ。直ぐにコールとジョンは拳銃を向け合う。そして次の車両に行くと、囚人の筈のブッチは括られていない。そしてダニー少年に、お父さんを殺したのはこのジョンだとコールは言う始末。

【ネタバレ結末(2)/ローン・レンジャー 第60段落】
 ジェイ・フラー指揮官にもコールはそう言い包めたので、ジョンは逮捕されて別の車両に入れられてしまった。これで悪者コールは銀山へ列車を走らせる。着くと、ブッチがコールとフラー指揮官に、銀を満載した車両三台を見せる。ジョンは目隠しをされて銃殺刑執行隊の前に立たされる。

【ネタバレ結末(2)/ローン・レンジャー 第61段落】
 列車が鉱山内を通り過ぎられるように、中国人移民の労働者たちは鉱山から出される。すると、そのうちの一人が死んだ鳥が入った籠を提げて鉱山から出てきた。車掌が「ガスだ!」と叫ぶ。車掌は列車を後退させ、ジョンと銃殺刑執行隊の間に押し入れたので、ジョンは助かる。

【ネタバレ結末(2)/ローン・レンジャー 第62段落】
 死んだ鳥が入った籠を提げて出てきたのは、何とトントだった。ジョンの命を救ったのでやっとお互いの信頼関係は確立できただろう。そこへ、山側から矢が矢継ぎ早に飛んできた。本物のコマンチ族の襲撃だ。フラー指揮官は応酬せよと命じられ、騎兵隊に機関銃を撃たせる。

【ネタバレ結末(2)/ローン・レンジャー 第63段落】
 数百人の命が失われる惨状となったが、運よくトントとジョンは無事だった。そして鉱内に逃げるが、それをブッチが追う。ダイナマイトも点火されて投げ込まれたが、地底湖に潜ってニトロの火薬の爆発を避けることがどうにかできた。トントとジョンは浜に打ち上げられる。

【ネタバレ結末(2)/ローン・レンジャー 第64段落】
 コールは山のような銀を列車に積載するようにブッチと手下に命じる。大陸横断鉄道の東線路と西線路は間もなくユタ準州プロモントリーで締結されるので、そうなればサンフランシスコに銀を運んで売りさばき、途方もない財を築くことができるわけだ。

【ネタバレ結末(2)/ローン・レンジャー 第65段落】
 ここで1930年代のサンフランシスコに戻る。トントはローン・レンジャーと銀行強盗をした経緯をウィル少年に教えてあげる。お金目当てではなく、別の大きな目的のためだったのだ。レイサム・コールが隠し持っていたTNT火薬とニトログリセリンの強奪だ。

【ネタバレ結末(2)/ローン・レンジャー 第66段落】
 トントとローン・レンジャーはその盗んだ爆発物をプロモントリー・ポイント<プロモントリー・サミット>から数マイルの橋を爆破するために使う。東線路と西線路の締結を祝う開通記念式典が開催されており、大陸横断鉄道の社長ハバーマン(スティーヴン・ルート)がテープを切る。それを妬ましげに見るコール。

【ネタバレ結末(2)/ローン・レンジャー 第67段落】
 コールは列車内にハバーマン社長や重役を招き、敵対的買収というか会社乗っ取りの話を始める。サンフランシスコまで $65,000,000(当時の円換算は不明)分の銀を列車で運んで、売却してそのお金で大陸横断鉄道会社を買い取るつもりだと話す。そうなればアメリカという国を牛耳ることになれる。

【ネタバレ結末(2)/ローン・レンジャー 第68段落】
 ハバーマン社長はその策略を笑い飛ばして馬鹿にするので、コールはハバーマン社長の脚を撃つ。丁度その時、トントは別の車両に忍び込んで、勝手に列車の向きを逆にした。それに気付いたフラー指揮官は部下に機関銃でトントを撃たせて危機一髪。

【ネタバレ結末(2)/ローン・レンジャー 第69段落】
 そこへ現れたのが、白馬に跨ったローン・レンジャー。建物の上で馬に乗り、トントを救った。それでコールは、トントを追いかけるための第二列車を走らせるよう、ブッチに命じる。ここからは、白馬に乗ったローン・レンジャーが何と列車の上を駆ける凄いシーン・・・続く

▲TOPへ

◆ここからは、最後の結末まで書いていて完全にネタバレしていますので、ストーリー全体が分ります。御注意下さい。
 ATTN: This review reveals the movie content. Please don't say that I didn't say !


★以下のネタバレ日本語訳は、映画『ローン・レンジャー』の公開日2013年8月2日(金)の翌日、又は翌日以降に公開予定ですが、映画をご覧になる前に、前もって<ストーリー/あらすじ/結末までの完全ネタバレ日本語版>をお読みになりたい方は、以下をクリックしてください。

 ・・・結末までの完全ネタバレはこちらから・・・⇒

★130727ネタバレ結末/ローン・レンジャー
 ・・・結末までの完全ネタバレ(幸田幸ブログ版)はこちらから・・・⇒


【感謝とお願い】多くの皆様にこのネタバレコーナーにアクセス頂き、ありがとうございますm(__)m
 もしクリックしてもネタバレファイルにジャンプしない場合は、映画会社や配給会社への配慮として、まだリンクを貼っていない期間です。リクエスト・メールが多い場合は(お返事は出せませんが)、タイミングを見計らって、映画公開一週間前にはアップしますので、どうかご了承ください。

 本ファイル<ネタバレ結末/ローン・レンジャー>や、このページの他の「ネタバレ」コンテンツは、先行公開されている海外の映画作品を劇場鑑賞やDVD鑑賞したり、<Wikipedia>英語版の記事やその他の海外映画情報を幸田幸@映画の森てんこ森が翻訳編集したりして、ネタバレ版テキストを作成・アップしています。<ネタバレ結末/ローン・レンジャー>のあらすじに私の鑑賞誤解があったり、文章表現が稚拙であったり、直訳的だったり、翻訳ミスがある場合がありますので、どうかご了承くださいますようにお願い申し上げます。
以上。

※参考資料:映画『ローン・レンジャー』-Wikipedia、『THE LONE RANGER』-Wikipedia英語版、『THE LONE RANGER』-IMDb、『ローン・レンジャー』EPK、公式サイト
| ←前の閲覧ページに戻る |▲TOP | ▲目次 |
映画の森てんこ森代表:幸田幸
coda_sati@hotmail.com
「映画の森てんこ森」へ「旅行の森てんこ森」へ
映画解説・レヴュータイトル一覧表へ
映画の森てんこ森 バナー03

映画の森てんこ森 coda21幸田幸 クレジット バナー01
幸のイタリア各都市情報へ
旅行の森てんこ森 バナー03
136x70
本サイトの作文、データ及び画像などのコンテンツの無断転用はお控え下さい。
貴サイトへの御掲載についてはメールにてお知らせ頂ければ幸いです。
© 2002-2013 Sachi CODA at Eigano-Mori Tenko-Mori, CODA21. All Rights Reserved.

ネタバレ結末/ローン・レンジャー(1)@幸田幸

ネタバレ結末/ローン・レンジャー@幸田幸
 ■映画ネタバレ/結末
ローン・レンジャー (2013)
THE LONE RANGER
ネタバレ結末/ローン・レンジャー画像(1)@幸田幸
ローン・レンジャー (2013) THE LONE RANGER
(c)Disney Enterprises, Inc. and Jerry Bruckheimer Inc. All Rights Reserved.
| 「映画の森てんこ森」表紙 | 新作映画Top | タイトル一覧 | 本ページ更新 |
ネタバレ結末/ローン・レンジャー (1)
■映画『ローン・レンジャー』ネタバレの目次
●7/28公開publog用<ネタバレ映画(1)/ローン・レンジャー@幸田幸>
●7/29公開publog用<ネタバレ映画(2)/ローン・レンジャー@幸田幸>
●7/30公開publog用<ネタバレ映画(3)/ローン・レンジャー@幸田幸>
◎7/31公開publog用<ネタバレ結末(1)/ローン・レンジャー@幸田幸>
◎8/1公開publog用<ネタバレ結末(2)/ローン・レンジャー@幸田幸>
ネタバレ注意@映画の森てんこ森
ストーリー展開の前知識やネタバレがお好みでない方は、読まないで下さい。
■ネタバレ結末/ローン・レンジャー
【『ローン・レンジャー』ネタバレ】
ネタバレご注意:以下の<ネタバレ結末/ローン・レンジャー>のあらすじ・ストーリー・結末にはネタバレが含まれています。映画『 ローン・レンジャー (2013) THE LONE RANGER 』をまだご覧になっていない方は、どうかネタバレにご注意ください。

★『 ローン・レンジャー 』劇場公開情報
 2013年8月2日(金)より、全国公開!!
 ※日本配給情報: 劇場公開(ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン)

<ネタバレ映画/ローン・レンジャー>の仕切り線

<ネタバレ映画(3)/ローン・レンジャー@映画の森てんこ森>に戻る

▼▼▼ネタバレ結末(1)/ローン・レンジャー@映画の森てんこ森▼▼▼

【ネタバレ結末(1)/ローン・レンジャー 第45段落】
 子供のとき、トント少年(ジョセフ・E・フォイ)はここみたいなコマンチ族居留地に暮らしていた。ある日、脱水症状の白人二人(トラヴィス・ハマー、スティーヴ・コロナ)に遭遇し、愛馬の背に二人を乗せて自分のテントに連れて帰り、介抱してあげた。そのお陰で白人は健康を取り戻した。

【ネタバレ結末(1)/ローン・レンジャー 第46段落】
 トントは回復した二人を近くのコマンチ族の川に案内した。そこには銀が豊富にある。銀の在り処を案内してくれたお礼として、トントは安物のシアーズ・ローバック懐中時計を貰って嬉しがるが、まさかそれが大惨事に繋がるとは思いもよらない。

【ネタバレ結末(1)/ローン・レンジャー 第47段落】
 白人はその川から銀を大量に採って、袋を銀塊でいっぱいにした。そして川の場所を誰にも知られないよう、トントの部族を皆殺しにした。トントの可愛がっているカラスさえも殺した。トント一人が生き残ったので、トントは気が狂い、部族を皆殺しにした白人を見つけて絶対に復讐すると誓ったのだ。

【ネタバレ結末(1)/ローン・レンジャー 第48段落】
 奴らの仕出かしたことを忘れないよう、トントは神聖な鳥とされるトーテムのカラスを頭飾りにし、懐中時計を常に持ち運んでいる。今、ジョンとトントが説明しても、コマンチ族に戦いを止めるよう説得が出来ない。いつでも戦いの準備が出来ているのだ。

【ネタバレ結末(1)/ローン・レンジャー 第49段落】
 コマンチ族は二人を砂漠の乾いた土の中に首まで埋めてから、戦いに向う。太陽がギラギラ照り付けて日干しになって死んでしまいそうだし、更に悪いことには、サソリが寄ってきたのだ。危うし!というところへ、またもや白馬の助っ人。白馬がサソリを食べて救ってくれる。

【ネタバレ結末(1)/ローン・レンジャー 第50段落】
 こうして白馬に救われた二人は、ブッチが銀塊を狙っているに違いないと確信する。そしてブッチが監督の銀山に向う。そこでは何百人という中国人移民が働かされており、鉱山の中に気味の悪い精霊がいると怖がって入りたがらない。怖がる中国人達を虐殺するブッチの手下。

【ネタバレ結末(1)/ローン・レンジャー 第51段落】
 一応、中国人の言い張るその気味の悪いものを確かめるため、数人のギャングが中に送られた。すると、待ち受けていたトントとジョンが彼らを殴って意識を失わせる。そして鉱車(トロッコ)をお返しに押し出したので、ブッチの連中はそれに向けて何発も撃ってくる。

【ネタバレ結末(1)/ローン・レンジャー 第52段落】
 その鉱車の中にはダイナマイトを点火してあったので、鉱車(トロッコ)は爆発してブッチの手下どもは即死、ブッチ・キャヴェンディッシュも怪我する。ブッチは当初はジョンのことをダンの亡霊だと思っていたが、ローン・レンジャーとは町から来たただの法律家だと気付いた。

【ネタバレ結末(1)/ローン・レンジャー 第53段落】
 トントは倫理観なんて捨ててブッチをその場で殺すようにジョンに言うが、ジョンは相変わらず頭が固い。兎に角、正義正義なのだ。トントが五月蝿いので、トントをスコップで殴って気絶させ、ブッチの両手を縛って馬に繋いで、囚人として町まで連れて帰る・・・続く

▲TOPへ

◆ここからは、最後の結末まで書いていて完全にネタバレしていますので、ストーリー全体が分ります。御注意下さい。
 ATTN: This review reveals the movie content. Please don't say that I didn't say !


★以下のネタバレ日本語訳は、映画『ローン・レンジャー』の公開日2013年8月2日(金)の翌日、又は翌日以降に公開予定ですが、映画をご覧になる前に、前もって<ストーリー/あらすじ/結末までの完全ネタバレ日本語版>をお読みになりたい方は、以下をクリックしてください。

 ⇒ネタバレ結末(2)/ローン・レンジャー@映画の森てんこ森へ

★130727ネタバレ結末/ローン・レンジャー
 ・・・結末までの完全ネタバレ(幸田幸ブログ版)はこちらから・・・⇒


【感謝とお願い】多くの皆様にこのネタバレコーナーにアクセス頂き、ありがとうございますm(__)m
 もしクリックしてもネタバレファイルにジャンプしない場合は、映画会社や配給会社への配慮として、まだリンクを貼っていない期間です。リクエスト・メールが多い場合は(お返事は出せませんが)、タイミングを見計らって、映画公開一週間前にはアップしますので、どうかご了承ください。

 本ファイル<ネタバレ結末/ローン・レンジャー>や、このページの他の「ネタバレ」コンテンツは、先行公開されている海外の映画作品を劇場鑑賞やDVD鑑賞したり、<Wikipedia>英語版の記事やその他の海外映画情報を幸田幸@映画の森てんこ森が翻訳編集したりして、ネタバレ版テキストを作成・アップしています。<ネタバレ結末/ローン・レンジャー>のあらすじに私の鑑賞誤解があったり、文章表現が稚拙であったり、直訳的だったり、翻訳ミスがある場合がありますので、どうかご了承くださいますようにお願い申し上げます。
以上。

※参考資料:映画『ローン・レンジャー』-Wikipedia、『THE LONE RANGER』-Wikipedia英語版、『THE LONE RANGER』-IMDb、『ローン・レンジャー』EPK、公式サイト
| ←前の閲覧ページに戻る |▲TOP | ▲目次 |
映画の森てんこ森代表:幸田幸
coda_sati@hotmail.com
「映画の森てんこ森」へ「旅行の森てんこ森」へ
映画解説・レヴュータイトル一覧表へ
映画の森てんこ森 バナー03

映画の森てんこ森 coda21幸田幸 クレジット バナー01
幸のイタリア各都市情報へ
旅行の森てんこ森 バナー03
136x70
本サイトの作文、データ及び画像などのコンテンツの無断転用はお控え下さい。
貴サイトへの御掲載についてはメールにてお知らせ頂ければ幸いです。
© 2002-2013 Sachi CODA at Eigano-Mori Tenko-Mori, CODA21. All Rights Reserved.

ネタバレ映画/ローン・レンジャー(3)@幸田幸

ネタバレ映画/ローン・レンジャー@幸田幸
 ■映画ネタバレ/あらすじ・ストーリー
ローン・レンジャー (2013)
THE LONE RANGER
ネタバレ映画/ローン・レンジャー(3)画像@幸田幸
ローン・レンジャー (2013) THE LONE RANGER
(c)Disney Enterprises, Inc. and Jerry Bruckheimer Inc. All Rights Reserved.
| 「映画の森てんこ森」表紙 | 新作映画Top | タイトル一覧 | 本ページ更新 |
ネタバレ映画/ローン・レンジャー (3)
■映画『ローン・レンジャー』ネタバレの目次
●7/28公開publog用<ネタバレ映画(1)/ローン・レンジャー@幸田幸>
●7/29公開publog用<ネタバレ映画(2)/ローン・レンジャー@幸田幸>
●7/30公開publog用<ネタバレ映画(3)/ローン・レンジャー@幸田幸>
◎7/31公開publog用<ネタバレ結末(1)/ローン・レンジャー@幸田幸>
◎8/1公開publog用<ネタバレ結末(2)/ローン・レンジャー@幸田幸>
ネタバレ注意@映画の森てんこ森
ストーリー展開の前知識やネタバレがお好みでない方は、読まないで下さい。
■ネタバレ映画/ローン・レンジャー@映画の森てんこ森
 GoogleやYahoo!の検索エンジンで、映画の森てんこ森のネタバレファイルをお探しの場合は、
ネタバレ ローン・レンジャー>又は
ローン・レンジャー ネタバレ>と入力してください。

【『ローン・レンジャー』ネタバレ】
ネタバレご注意:以下の<ネタバレ映画/ローン・レンジャー@映画の森てんこ森>のあらすじ・ストーリー・結末にはネタバレが含まれています。映画『 ローン・レンジャー (2013) THE LONE RANGER 』をまだご覧になっていない方は、どうかネタバレにご注意ください。
 Warning!Plot synopsis, storyline and story-end items below here contain information that may give away important plot points. You may not want to read any further if you've not already seen this title.

★『 ローン・レンジャー 』劇場公開情報
 2013年8月2日(金)より、全国公開!!
 ※日本配給情報: 劇場公開(ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン)


 本ファイル<ネタバレ映画/ローン・レンジャー>や、このページの他の「ネタバレ」コンテンツは、先行公開されている海外の映画作品を劇場鑑賞やDVD鑑賞したり、<Wikipedia>英語版の記事やその他の海外映画情報を幸田幸@映画の森てんこ森が翻訳編集したりして、ネタバレ版テキストを作成・アップしています。<ネタバレ映画/ローン・レンジャー>のあらすじに私の鑑賞誤解があったり、文章表現が稚拙であったり、直訳的だったり、翻訳ミスがある場合がありますので、どうかご了承くださいますようにお願い申し上げます。

<ネタバレ映画/ローン・レンジャー>の仕切り線

<ネタバレ映画(2)/ローン・レンジャー@映画の森てんこ森>に戻る

▼▼▼ネタバレ映画(3)/ローン・レンジャー(あらすじ結末)▼▼▼

【ネタバレ映画(3)/ローン・レンジャー(あらすじ結末) 第32段落】
 「友(キモサベ)よ、マスクをつけるのだ・・・復讐のために」トントとジョンは白馬に跨り「レッドの店」という売春宿に着いた。レッド・ハリントン(ヘレナ・ボナム=カーター)が仕切っている店だが、レッドは昔はバレリーナだったのが、右脚をあの悪名高い人食いのブッチ・キャヴェンディッシュに食われてしまって、今は象牙の義足を装着している。

【ネタバレ映画(3)/ローン・レンジャー(あらすじ結末) 第33段落】
 その義足は優れもので、ガーターを引っ張ると義足の靴のヒールから銃弾が発射される仕組みだ。レッドもブッチを憎んでいる。最近ブッチたちがここを訪れて、銀塊で支払いをしたとジョンたちに伝える。銀塊はここでは無価値だが、サンフランシスコに持っていけばいい値がつくらしい。

【ネタバレ映画(3)/ローン・レンジャー(あらすじ結末) 第34段落】
 そんなところへ、インディアンはここは入店禁止だとして、トントが法の執行官やその仲間に殺されそうになる。トントとマスク姿のジョンは逃げ出したが、インディアンが嫌われる理由をジョンがトントに尋ねる。

【ネタバレ映画(3)/ローン・レンジャー(あらすじ結末) 第35段落】
 この数週間というもの、コマンチ族が白人居住地を焼き払ったり略奪したりしたので、白人はコマンチ族に立腹しているのだとトントは説明する。町から離れた辺りには兄の妻レベッカとその息子ダニーが住んでいるので、ジョンは二人を救いに急行する。

【ネタバレ映画(3)/ローン・レンジャー(あらすじ結末) 第36段落】
 レベッカと息子ダニーが砂漠の家で雑用をしているところへ、火のついた矢が飛んできて家を燃やす。頭飾りをして顔に化粧を施した男達は、実はインディアンではない。ブッチの手下の連中だ。ブッチがインディアンの仕業と思い込ませて、悪戯を働かせていたと判明。

【ネタバレ映画(3)/ローン・レンジャー(あらすじ結末) 第37段落】
 レベッカの召使達は殺害されたが、レベッカとダニーの死骸は見つからない。メイドが納屋でレイプされようとしている。トントとジョンは納屋に入ってメイドを救うが、その間にブッチの手下は納屋から出て納屋に火をつけた。中に閉じ込められてしまったトントとジョン。火災の中、出口も塞がれ、もう死にそうだ。

【ネタバレ映画(3)/ローン・レンジャー(あらすじ結末) 第38段落】
 すると、あの白馬が屋根を蹄で音を立てて合図し、ロープを垂らして二人を引っ張り上げてくれた。二人を背に乗せ、屋根から飛び降り、ブッチの手下を二人殺して夜の闇へ消えていく。ブッチの手下は、あのマスクの男ローン・レンジャーはダン・リードの亡霊に違いないと信じ込む。

【ネタバレ映画(3)/ローン・レンジャー(あらすじ結末) 第39段落】
 このように、白馬はトントとローン・レンジャーを救ったり様々な驚異的な働きをしてくれる特別な馬なのだ。撮影には似た白い馬が六頭使われて、それぞれの特技を生かしてシーンごとに使い分けていったそうだ。例えば、口にくわえるのが得意な白馬、前脚を動かすのが上手い白馬、合図した方をちゃんと振り向ける白馬、跳ぶのに優れた白馬、上半身を高く立ち上がるのが上手な白馬、というように。

【ネタバレ映画(3)/ローン・レンジャー(あらすじ結末) 第40段落】
 さて、生き残った手下は親分ブッチの隠れ家に戻って顛末を説明する。そこにはレベッカとダニーが監禁されている。また、裏切り者のレンジャー、コリンズもいる。親分のブッチはレベッカとダニーを人質にしているからダンの亡霊が追いかけてくるのだと恐れ、二人を射殺せよとコリンズに命じる。

【ネタバレ映画(3)/ローン・レンジャー(あらすじ結末) 第41段落】
 コリンズは二人を外に出して撃つふりをし、逃がした。実際には空に向けて三発撃ってから、謎の男に撃ち殺される。その頃、ブッチの隠れ家を探してトントとジョンはブッチの所有する馬を盗んでその後を追う。すると馬は数時間後、ばったりと死んでしまった。

【ネタバレ映画(3)/ローン・レンジャー(あらすじ結末) 第42段落】
 その倒れた下に鉄道の線路があるのを見つけた二人は、インディアンの土地に鉄道がある筈ないので当惑する。なぜなら、アメリカ合衆国政府とコマンチ族との間の協定を破ることになるからだ。そこへ、どこからか羽のついた矢が飛んできてジョンの胸を射る。ジョンは悲鳴を上げて気絶した。

【ネタバレ映画(3)/ローン・レンジャー(あらすじ結末) 第43段落】
 トントが矢を抜いて介抱し、ジョンは意識が戻った。ここはコマンチ族テント内。ジョンに矢を射ったのはコマンチだった。白人居住地をコマンチ族が襲撃しているという偽の情報が、コマンチ族を怒らせたのだ。このままでは白人とインディアンの戦争に発展してしまう。

【ネタバレ映画(3)/ローン・レンジャー(あらすじ結末) 第44段落】
 トントはコマンチの酋長ビッグベア(サギノウ・グラント)らに必死で真実を説明しようとする。しかし聞いてくれはしない。トントがもはや真のコマンチではないと、彼らはジョンに説明する。トントにはこんな過去があったのだが・・・続く

▲TOPへ

◆ここからは、結末まで書いてネタバレしていますので、ストーリー全体が分ります。御注意下さい。
 ATTN: This review reveals the movie content. Please don't say that I didn't say !


★以下のネタバレ日本語訳は、映画『ローン・レンジャー』の公開日2013年8月2日(金)の翌日、又は翌日以降に公開予定ですが、映画をご覧になる前に、前もって<ストーリー/あらすじ/結末までの完全ネタバレ日本語版>をお読みになりたい方は、以下をクリックしてください。

 ・・・続きは<ネタバレ結末/ローン・レンジャー(1)>をお読みください⇒


【感謝とお願い】多くの皆様にこのネタバレコーナーにアクセス頂き、ありがとうございますm(__)m
 GoogleやYahoo!の検索エンジンで、映画の森てんこ森のネタバレファイルをお探しの場合は
ネタバレ ローン・レンジャー>又は
ローン・レンジャー ネタバレ>と入力してください。

 もしクリックしてもネタバレファイルにジャンプしない場合は、映画会社や配給会社への配慮として、まだリンクを貼っていない期間です。リクエスト・メールが多い場合は(お返事は出せませんが)、タイミングを見計らって、映画公開一週間前にはアップしますので、どうかご了承ください。
以上。


※参考資料:映画『ローン・レンジャー』-Wikipedia、『THE LONE RANGER』-Wikipedia英語版、『THE LONE RANGER』-IMDb、『ローン・レンジャー』EPK、公式サイト
| ←前の閲覧ページに戻る |▲TOP | ▲目次 |
映画の森てんこ森代表:幸田幸
coda_sati@hotmail.com
「映画の森てんこ森」へ「旅行の森てんこ森」へ
映画解説・レヴュータイトル一覧表へ
映画の森てんこ森 バナー03

映画の森てんこ森 coda21幸田幸 クレジット バナー01
幸のイタリア各都市情報へ
旅行の森てんこ森 バナー03
136x70
本サイトの作文、データ及び画像などのコンテンツの無断転用はお控え下さい。
貴サイトへの御掲載についてはメールにてお知らせ頂ければ幸いです。
© 2002-2013 Sachi CODA at Eigano-Mori Tenko-Mori, CODA21. All Rights Reserved.

ネタバレ映画/ローン・レンジャー(2)@幸田幸

ネタバレ映画/ローン・レンジャー@幸田幸
 ■映画ネタバレ/あらすじ・ストーリー
ローン・レンジャー (2013)
THE LONE RANGER
ネタバレ映画/ローン・レンジャー(2)画像@幸田幸
ローン・レンジャー (2013) THE LONE RANGER
(c)Disney Enterprises, Inc. and Jerry Bruckheimer Inc. All Rights Reserved.
| 「映画の森てんこ森」表紙 | 新作映画Top | タイトル一覧 | 本ページ更新 |
ネタバレ映画/ローン・レンジャー (2)
■映画『ローン・レンジャー』ネタバレの目次
●7/28公開publog用<ネタバレ映画(1)/ローン・レンジャー@幸田幸>
●7/29公開publog用<ネタバレ映画(2)/ローン・レンジャー@幸田幸>
●7/30公開publog用<ネタバレ映画(3)/ローン・レンジャー@幸田幸>
◎7/31公開publog用<ネタバレ結末(1)/ローン・レンジャー@幸田幸>
◎8/1公開publog用<ネタバレ結末(2)/ローン・レンジャー@幸田幸>
ネタバレ注意@映画の森てんこ森
ストーリー展開の前知識やネタバレがお好みでない方は、読まないで下さい。
■ネタバレ映画/ローン・レンジャー@映画の森てんこ森
 GoogleやYahoo!の検索エンジンで、映画の森てんこ森のネタバレファイルをお探しの場合は、
ネタバレ ローン・レンジャー>又は
ローン・レンジャー ネタバレ>と入力してください。

【『ローン・レンジャー』ネタバレ】
ネタバレご注意:以下の<ネタバレ映画/ローン・レンジャー@映画の森てんこ森>のあらすじ・ストーリー・結末にはネタバレが含まれています。映画『 ローン・レンジャー (2013) THE LONE RANGER 』をまだご覧になっていない方は、どうかネタバレにご注意ください。
 Warning!Plot synopsis, storyline and story-end items below here contain information that may give away important plot points. You may not want to read any further if you've not already seen this title.

★『 ローン・レンジャー 』劇場公開情報
 2013年8月2日(金)より、全国公開!!
 ※日本配給情報: 劇場公開(ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン)


 本ファイル<ネタバレ映画/ローン・レンジャー>や、このページの他の「ネタバレ」コンテンツは、先行公開されている海外の映画作品を劇場鑑賞やDVD鑑賞したり、<Wikipedia>英語版の記事やその他の海外映画情報を幸田幸@映画の森てんこ森が翻訳編集したりして、ネタバレ版テキストを作成・アップしています。<ネタバレ映画/ローン・レンジャー>のあらすじに私の鑑賞誤解があったり、文章表現が稚拙であったり、直訳的だったり、翻訳ミスがある場合がありますので、どうかご了承くださいますようにお願い申し上げます。

<ネタバレ映画/ローン・レンジャー>の仕切り線

<ネタバレ映画(1)/ローン・レンジャー@映画の森てんこ森>に戻る

▼▼▼ネタバレ映画(2)/ローン・レンジャー(あらすじ結末)▼▼▼

【ネタバレ映画(2)/ローン・レンジャー(あらすじ結末) 第17段落】
 ジョンとダンの次の任務は、逃げた極悪人ブッチ・キャヴェンディッシュを追跡して捕まえること。ジョンの兄ダンはブッチを見つけたらその場で射殺すればいいというが、検事である正義感いっぱいのジョンは、生きて捕らえ裁判を受けさせなければならないと主張する。

【ネタバレ映画(2)/ローン・レンジャー(あらすじ結末) 第18段落】
 ダンは弟ジョンにレンジャー・バッジをつけさせ、妻レベッカに行って来ますと別れのキスをして、六人のレンジャー(W・アール・ブラウンら)とジョンを連れてブッチの追跡を開始する。ダンの妻は夫の弟ジョンに内心、惹かれているようだ。

【ネタバレ映画(2)/ローン・レンジャー(あらすじ結末) 第19段落】
 総勢八人の一行が追跡していると、絶壁の上に谷を見下ろしている気高い白馬が見える。ダンはジョンにこう説明する。白馬はコマンチ族には“スピリット・ホース(魂の馬”という特別な存在で、この世からあの世へ渡ることができるのだと。

【ネタバレ映画(2)/ローン・レンジャー(あらすじ結末) 第20段落】
 ダンがそんなことを知っているのは、以前に数年間、コマンチ族と一緒に行動したことがあるので、その慣習や文化を知っているからだ。ダンはコマンチ族の宝石を身につけているくらいだ。そうしている間に、一行は狭い峡谷でブッチの足跡を見失う。

【ネタバレ映画(2)/ローン・レンジャー(あらすじ結末) 第21段落】
 八人のレンジャーの一人、コリンズ(レオン・リッピー)が姿を消したかと思うと、残りの七人はブッチの一味に反対側で待ち伏せされて五人はどんどん射殺されていく。ジョンの馬も撃たれてジョンの脚の上に倒れこんで死んだ。兄のダンはジョンを救おうとして何発も撃たれる。

【ネタバレ映画(2)/ローン・レンジャー(あらすじ結末) 第22段落】
 ジョンは馬の脚の下敷きから逃れたが、胸を撃ち抜かれて涸れた地面に倒れて目を閉じる。ギャングはダンとジョンの死体の周りに群がる。と、ダンはまだ息があってブッチを罵る。すると、何と、ブッチはナイフでダンの心臓を抉り取って食ってしまうのだ。ブッチ・キャヴェンディッシュは人食いって本当なのだ!

【ネタバレ映画(2)/ローン・レンジャー(あらすじ結末) 第23段落】
 弟のジョンは生と死の狭間で意識が混沌としているが、兄のその様子を見て息絶える。ブッチの手下も親分の残忍さに辟易するが、親分の命令に従わざるをえない。一味はそこを後にして隠れ家に逃げ帰る。コリンズはレンジャーだがブッチの側の人間だったのだ。

【ネタバレ映画(2)/ローン・レンジャー(あらすじ結末) 第24段落】
 峡谷の上から大虐殺の一部始終を目撃していたのは、留置所から脱走したトントだ。顔は白塗りで戦いの文様が引かれ、斧(トマホーク)を武器として所持している。トントは峡谷から降りてきて七人のレンジャー達の遺体を丁寧に埋葬する。でも、ポケットから金品を取り出すのを忘れないが。するとジョンが意識を取り戻した。

【ネタバレ映画(2)/ローン・レンジャー(あらすじ結末) 第25段落】
 トントは列車でジョンに好かれていなかったので、石で額を殴って死なせて埋める。だが、さっきの白馬がジョンの墓(盛り土)を前脚で踏んで合図している。コマンチ族の言い伝え通りに、白馬がそう合図しているということは、その男はあの世から生き返るべき偉大なる戦士なのだと直ぐに認識した。

【ネタバレ映画(2)/ローン・レンジャー(あらすじ結末) 第26段落】
 トントはジョンの遺体を掘り起こして白馬の背に乗せ、峡谷から出て行く。あの世から蘇ったジョンが眠っている間に、トントは亡くなったテキサス・レンジャー達のバッジを溶かして銀の弾丸を一つ作り出す。そしてジョンの顔に化粧を施し、ブーツを盗んで、ジョンをある場所に置いてくる。

【ネタバレ映画(2)/ローン・レンジャー(あらすじ結末) 第27段落】
 その場所とは、谷床から高く高く聳え立つ崖のてっぺんの、やぐらのような高い足場だ。ジョンが目を覚ますとそんな恐ろしく高い所にいるので驚愕し、恐々降りてくる。そしてトントが自分のブーツを履いているのを見つけた。トントはジョンにこう説明する。

【ネタバレ映画(2)/ローン・レンジャー(あらすじ結末) 第28段落】
 君はあの世から戻って来たため“スピリット・ウォーカー”<戦いで死なない勇者>に選ばれたのだと。ブッチ・キャヴェンディッシュは人肉に強欲な悪霊に取り付かれている“ウェンディゴ”<インディアンに伝わる精霊の呼び名>であるとも。

【ネタバレ映画(2)/ローン・レンジャー(あらすじ結末) 第29段落】
 トントはずっとブッチを追ってきていた。そして何とか列車に潜りこんで、もう少しで奴を殺せるところだったのに君に邪魔されたのだと。そう説明されても、法曹界の堅物ジョンは依然としてリンチは認めない。裁判官の前で裁かれるべきだとまだ言い張る。

【ネタバレ映画(2)/ローン・レンジャー(あらすじ結末) 第30段落】
 トントは彼の言い分は分かったが、ジョンが他の者と異なる点、勝る能力について論じるのだ。つまり、ジョンは一度は死んだ男。ブッチという極悪かつ強大な敵の目を欺くため、素顔を隠して“孤高のレンジャー”即ち“ローン・レンジャー”として行動していかねばならないと説く。

【ネタバレ映画(2)/ローン・レンジャー(あらすじ結末) 第31段落】
 兄ダンの形見の革のベストで作った黒いアイマスクに、二発の銃弾の穴が両目の穴になる。それに白いカウボーイ・ハットを被らせ、星型のレンジャー・バッジをつけた正義のレンジャー。武器はトントがさっき作った銀の銃弾と拳銃。愛馬はあの白馬。それを見ればブッチらのギャングは恐ろしがる筈だ・・・続く

▲TOPへ

◆ここからは、結末まで書いてネタバレしていますので、ストーリー全体が分ります。御注意下さい。
 ATTN: This review reveals the movie content. Please don't say that I didn't say !


★以下のネタバレ日本語訳は、映画『ローン・レンジャー』の公開日2013年8月2日(金)の翌日、又は翌日以降に公開予定ですが、映画をご覧になる前に、前もって<ストーリー/あらすじ/結末までの完全ネタバレ日本語版>をお読みになりたい方は、以下をクリックしてください。

 ・・・続きは<ネタバレ映画(3)/ローン・レンジャー(あらすじ結末)>をお読みください⇒


【感謝とお願い】多くの皆様にこのネタバレコーナーにアクセス頂き、ありがとうございますm(__)m
 GoogleやYahoo!の検索エンジンで、映画の森てんこ森のネタバレファイルをお探しの場合は
ネタバレ ローン・レンジャー>又は
ローン・レンジャー ネタバレ>と入力してください。

 もしクリックしてもネタバレファイルにジャンプしない場合は、映画会社や配給会社への配慮として、まだリンクを貼っていない期間です。リクエスト・メールが多い場合は(お返事は出せませんが)、タイミングを見計らって、映画公開一週間前にはアップしますので、どうかご了承ください。
以上。


※参考資料:映画『ローン・レンジャー』-Wikipedia、『THE LONE RANGER』-Wikipedia英語版、『THE LONE RANGER』-IMDb、『ローン・レンジャー』EPK、公式サイト
| ←前の閲覧ページに戻る |▲TOP | ▲目次 |
映画の森てんこ森代表:幸田幸
coda_sati@hotmail.com
「映画の森てんこ森」へ「旅行の森てんこ森」へ
映画解説・レヴュータイトル一覧表へ
映画の森てんこ森 バナー03

映画の森てんこ森 coda21幸田幸 クレジット バナー01
幸のイタリア各都市情報へ
旅行の森てんこ森 バナー03
136x70
本サイトの作文、データ及び画像などのコンテンツの無断転用はお控え下さい。
貴サイトへの御掲載についてはメールにてお知らせ頂ければ幸いです。
© 2002-2013 Sachi CODA at Eigano-Mori Tenko-Mori, CODA21. All Rights Reserved.

ネタバレ映画/ローン・レンジャー(1)@幸田幸

ネタバレ映画/ローン・レンジャー@幸田幸
■映画ネタバレ/あらすじ・ストーリー
ローン・レンジャー (2013)
THE LONE RANGER
ネタバレ映画/ローン・レンジャー(1)画像@幸田幸
ローン・レンジャー (2013) THE LONE RANGER
(c)Disney Enterprises, Inc. and Jerry Bruckheimer Inc. All Rights Reserved.
| 「映画の森てんこ森」表紙 | 新作映画Top | タイトル一覧 | 本ページ更新 |
ネタバレ映画/ローン・レンジャー (1)
■映画『ローン・レンジャー』ネタバレの目次
●7/28公開publog用<ネタバレ映画(1)/ローン・レンジャー@幸田幸>
●7/29公開publog用<ネタバレ映画(2)/ローン・レンジャー@幸田幸>
●7/30公開publog用<ネタバレ映画(3)/ローン・レンジャー@幸田幸>
◎7/31公開publog用<ネタバレ結末(1)/ローン・レンジャー@幸田幸>
◎8/1公開publog用<ネタバレ結末(2)/ローン・レンジャー@幸田幸>
ネタバレ注意@映画の森てんこ森
ストーリー展開の前知識やネタバレがお好みでない方は、読まないで下さい。
■ネタバレ映画/ローン・レンジャー@映画の森てんこ森
 GoogleやYahoo!の検索エンジンで、映画の森てんこ森のネタバレファイルをお探しの場合は、
ネタバレ ローン・レンジャー>又は
ローン・レンジャー ネタバレ>と入力してください。

【『ローン・レンジャー』ネタバレ】
ネタバレご注意:以下の<ネタバレ映画/ローン・レンジャー@映画の森てんこ森>のあらすじ・ストーリー・結末にはネタバレが含まれています。映画『 ローン・レンジャー (2013) THE LONE RANGER 』をまだご覧になっていない方は、どうかネタバレにご注意ください。
 Warning!Plot synopsis, storyline and story-end items below here contain information that may give away important plot points. You may not want to read any further if you've not already seen this title.

★『 ローン・レンジャー 』劇場公開情報
 2013年8月2日(金)より、全国公開!!
 ※日本配給情報: 劇場公開(ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン)


 本ファイル<ネタバレ映画/ローン・レンジャー>や、このページの他の「ネタバレ」コンテンツは、先行公開されている海外の映画作品を劇場鑑賞やDVD鑑賞したり、<Wikipedia>英語版の記事やその他の海外映画情報を幸田幸@映画の森てんこ森が翻訳編集したりして、ネタバレ版テキストを作成・アップしています。<ネタバレ映画/ローン・レンジャー>のあらすじに私の鑑賞誤解があったり、文章表現が稚拙であったり、直訳的だったり、翻訳ミスがある場合がありますので、どうかご了承くださいますようにお願い申し上げます。

<ネタバレ映画/ローン・レンジャー>の仕切り線

▼▼▼ネタバレ映画(1)/ローン・レンジャー(あらすじ結末)▼▼▼

【ネタバレ映画(1)/ローン・レンジャー(あらすじ結末) 第01段落】
 1933年のサンフランシスコ。建設中のゴールデンゲートブリッジ<金門橋>を臨む賑やかなお祭りの中を進んでいく少年ウィル(メイソン・エルストン・クック)。売店や呼び込みを通り越して、お目当ては米国開拓時代のワイルド・ウェスト展示のテントだ。

【ネタバレ映画(1)/ローン・レンジャー(あらすじ結末) 第02段落】
 ウィルが入場料を払って入ると、そこには剥製のバッファローやカウボーイの等身大人形やインディアンの蝋人形がある。ウィルが近付くと、そのインディアン人形の目が動いた。非常に老齢でちょっと変なそのインディアンはトント(ジョニー・デップ)だと自己紹介する。

【ネタバレ映画(1)/ローン・レンジャー(あらすじ結末) 第03段落】
 ウィルは大のローン・レンジャーのファンなので、トントという名は直ぐに分かった。このお祭りに来たのもローン・レンジャーの衣装なくらいの大ファンだ。トントに、どうやって旅回りのサーカス団でこんな人形になったのかを少年は尋ねる。

【ネタバレ映画(1)/ローン・レンジャー(あらすじ結末) 第04段落】
 すると、スピリチュアルな力を持つコマンチの老戦士トントは、ジョン・リードという元検事“ローン・レンジャー”との経験を語り始めるのだ。もっと若い頃のトントが、仮面を被った相棒ローン・レンジャー(アーミー・ハマー)と町に向って砂漠を馬で駆けていく。

【ネタバレ映画(1)/ローン・レンジャー(あらすじ結末) 第05段落】
 二人は小さな町の銀行を襲撃して、その場にいる者たちに手を上げさせ、強奪していった。答は映画終盤に。1930年代のサンフランシスコに戻り、ウィル少年はその話を信じない。ローン・レンジャーは強盗ではなかったし、それが物語の始まりの筈がないからだ。

【ネタバレ映画(1)/ローン・レンジャー(あらすじ結末) 第06段落】
 トントは銀行強盗のもっと前に私達を誘ってくれる。時は1869年、若き検事ジョン・リード(アーミー・ハマー)は未完成の大陸横断鉄道に乗って数年ぶりに帰郷しているが、途中でテキサスのコルビーにいるテキサス・レンジャー、兄ダン・リード(ジェームズ・バッジ・デール)を訪問しようとしている。

【ネタバレ映画(1)/ローン・レンジャー(あらすじ結末) 第07段落】
 ジョン・リードは東部の大都会で大学教育を受けた若き検事だ。同じ車両に乗り合わせたプロテスタントの宣教師(クリストファー・ヘイゲン)らと賛美歌を歌う。宣教師に、信心深いか即ち神を恐れるかと問われると、法律を恐れると言い返すほど、ジョン・リードは強い正義感の持ち主である。

【ネタバレ映画(1)/ローン・レンジャー(あらすじ結末) 第08段落】
 ジョン・リードは知らないが、その列車の数両後方には、トントやブッチ・キャヴェンディッシュ(ウィリアム・フィクトナー)という死刑囚が護送されている。悪名高い人食いで冷酷な兎唇の無法者ブッチ・キャヴェンディッシュの隣で、トントは足枷をされて車両に収監されている。

【ネタバレ映画(1)/ローン・レンジャー(あらすじ結末) 第09段落】
 ブッチ・キャヴェンディッシュは次の駅で降ろされて絞首刑される段取りなのだ。彼は見張りの目を盗んで、ゆっくり床の厚板を剥いで、隠してあったレボルバーを取り出して懐中に入れる。それがトントは見えている。見張りの者達にトイレに行きたいと頼み、鎖を解いてもらったブッチは彼らを殺す。

【ネタバレ映画(1)/ローン・レンジャー(あらすじ結末) 第10段落】
 列車の目的駅には、ジョン・リードの兄ダン・リード率いるレンジャー五人組(ホリス:リュー・テンプルら)が死刑囚ブッチ・キャヴェンディッシュを待ち受けている。ダン・リードこそブッチ・キャヴェンディッシュを刑務所にぶち込んだテキサス・レンジャーだ。

【ネタバレ映画(1)/ローン・レンジャー(あらすじ結末) 第11段落】
 その頃、町ではダン・リードの妻レベッカ・リード(ルース・ウィルソン)は幼い息子のダニー(ブライアント・プリンス)を連れて屋台を調べている。そこへ、大陸横断鉄道を支配する大金持ちの鉄道王レイサム・コール(トム・ウィルキンソン)がからかうので、レベッカは無視する。

【ネタバレ映画(1)/ローン・レンジャー(あらすじ結末) 第12段落】
 大平原を突進する列車が駅に近付く前に、ブッチの手下のギャングのフランク(ハリー・トレッダウェイ)、ジーザス(ホアキン・コシオ)、レイ(デイモン・ヘリマン)らが水平線の彼方から姿を現した。一味は親分のブッチ・キャヴェンディッシュを奪還しようとしているのだ。

【ネタバレ映画(1)/ローン・レンジャー(あらすじ結末) 第13段落】
 ギャングは列車に乗り移り、乗客から金品を奪い機関士(ランス・ハワード)を殺害する。銃声や車両の屋根の足音に気付いたジョン・リードは囚人車両に調べに行き、トントとブッチがお互いを殺し合おうとしているのを発見。ジョンは二人に武器を捨てさせ、自分は検事だと名乗って、降服するように言う。

【ネタバレ映画(1)/ローン・レンジャー(あらすじ結末) 第14段落】
 すると車両の扉が開いて、ブッチのギャングがトントとジョンを鎖で縛り、止まる筈の駅を通り越して疾走する列車から親分のブッチを救い出して逃走する。駅で待ち構えていたダン・リード率いるレンジャー隊は、全速力で走る列車を馬で追いかける。

【ネタバレ映画(1)/ローン・レンジャー(あらすじ結末) 第15段落】
 車内ではトントは車両からは鎖を解けたが、ジョンとは鎖で繋がっていると判明。それで列車の前部に二人で行き、途中でブッチのギャングと遭遇したり。蒸気機関車両に行って列車を止めようとするが、止められないと分かって客車を切り離す。

【ネタバレ映画(1)/ローン・レンジャー(あらすじ結末) 第16段落】
 蒸気機関車両だけが疾走し続けて線路の終点で脱線し、トントとジョンは危うく死ぬところだった。この衝突で鎖が解けたトントが歩き去ろうとすると、ジョンに脚に掛け金で留められ、その上、ジョンの兄のダンに、囚人車両に乗っていたので犯罪人だと思われて逮捕されトントは留置所に入れられた・・・続く

▲TOPへ

◆ここからは、結末まで書いてネタバレしていますので、ストーリー全体が分ります。御注意下さい。
 ATTN: This review reveals the movie content. Please don't say that I didn't say !


★以下のネタバレ日本語訳は、映画『ローン・レンジャー』の公開日2013年8月2日(金)の翌日、又は翌日以降に公開予定ですが、映画をご覧になる前に、前もって<ストーリー/あらすじ/結末までの完全ネタバレ日本語版>をお読みになりたい方は、以下をクリックしてください。

 ・・・続きは<ネタバレ映画(2)/ローン・レンジャー(あらすじ結末)>をお読みください⇒


【感謝とお願い】多くの皆様にこのネタバレコーナーにアクセス頂き、ありがとうございますm(__)m
 GoogleやYahoo!の検索エンジンで、映画の森てんこ森のネタバレファイルをお探しの場合は
ネタバレ ローン・レンジャー>又は
ローン・レンジャー ネタバレ>と入力してください。

 もしクリックしてもネタバレファイルにジャンプしない場合は、映画会社や配給会社への配慮として、まだリンクを貼っていない期間です。リクエスト・メールが多い場合は(お返事は出せませんが)、タイミングを見計らって、映画公開一週間前にはアップしますので、どうかご了承ください。
以上。


※参考資料:映画『ローン・レンジャー』-Wikipedia、『THE LONE RANGER』-Wikipedia英語版、『THE LONE RANGER』-IMDb、『ローン・レンジャー』EPK、公式サイト
| ←前の閲覧ページに戻る |▲TOP | ▲目次 |
映画の森てんこ森代表:幸田幸
coda_sati@hotmail.com
「映画の森てんこ森」へ「旅行の森てんこ森」へ
映画解説・レヴュータイトル一覧表へ
映画の森てんこ森 バナー03

映画の森てんこ森 coda21幸田幸 クレジット バナー01
幸のイタリア各都市情報へ
旅行の森てんこ森 バナー03
136x70
本サイトの作文、データ及び画像などのコンテンツの無断転用はお控え下さい。
貴サイトへの御掲載についてはメールにてお知らせ頂ければ幸いです。
© 2002-2013 Sachi CODA at Eigano-Mori Tenko-Mori, CODA21. All Rights Reserved.

ギャラリー
  • ネタバレ結末/悪の法則@幸田幸
  • ネタバレ結末/悪の法則@幸田幸
  • ネタバレ結末/悪の法則@幸田幸
  • ネタバレ結末/悪の法則@幸田幸
  • ネタバレ結末/悪の法則@幸田幸
  • ネタバレ結末/悪の法則@幸田幸
  • ネタバレ結末/悪の法則@幸田幸
  • ネタバレ映画/悪の法則@幸田幸
  • ネタバレ映画/悪の法則@幸田幸
  • ライブドアブログ